よもやま話…認知症

「先生、となりの奥さんがボケました。」

「へえ…」

「わたしも、そのうちボケるのとちがうやろか。」

「ハハハ…」

「ボケないようにしようと思えば、どうしたらいい?」

「人間だれしもボケる…」

「そんな…!!」

「ボケるといっても種類が二つある。物忘れは年をとると誰でもするんですよ」

「???」

「問題は、忘れたことを『認めることができるか』やな。だから認知症って言うんよ、ハハハ」

「???」

「よくドラマなんかであるでしょ? さっき朝ごはん食べたのに『食べてない!』っていうの。
あれはね、この自分が食べたことを忘れるはずがない、って思いこんでるから、そう言うんよ。
他人の言うことを認めようとしない。」

「なるほど。」

「自分は年寄りだから、忘れることもあるかもしれない、って考えられるか…。
もうひとつ言うなら、自分のことを大切に思ってくれているからこそ、『さっき食べてたよ』って言ってくれている。
そういう人の言うことを信じよう。
…もしそんな気持ちのある年寄りなら、家族はもっと大切にしてくれるはず。そう思いませんか?」

「たしかに。」

「逆に、『食べてない!』って言い張る年寄りが、家族と仲良くやっていけると思う?」

「嫌われるな…」

「そうでしょ。だから老人ホームが、はやるんやな。」

「わたしも、好かれる年寄りにならないとなあ。」

「そうですよ。年が寄れば、体は弱くなる。頭も弱くなる。でも一つだけ、死ぬまで成長しつづけるものがあるんです。」

「何ですか!?」

「それはね、『徳』ですよ。」

「徳?」

「そう、徳。『モクサクライ』っていう言葉があるんです。」

「モクサクライ?」

「『黙作雷』って書くんですけど、『黙して雷を作す (もくしてらいをなす) 』。
黙っていても雷みたいに響く、っていう意味です。」

「?」

「徳のある人は、黙っていても、雷鳴がとどろくほどの影響力がある。
黙っていても、人を動かす力がある。教える力がある。
それは若い人にはできません。
出来るのは、経験を積み、何度も失敗し、それを何度も乗り越えた人。
多くの経験を持つお年寄りだけです。
そんなお年寄りを、若い人が老人ホームに入れたりしますか?」

「そら、入れるわけないなあ。」

「でしょ?そういう人はいてくれるだけで心強い。若い人は安心して働けるんです。」

「なるほど」

「そうならないとイカン。たぶん無理やろうけど、でもなりたい。…僕はそう思うんです。」

「わたしもなりたい。」

「その為には、高尚な趣味を持たないとイカン。それはただの遊びではない。
真剣に自分自身と向き合えるような趣味です。」

「たとえば?」

「人それぞれやから難しい。
でも、一つ言えることは…茶道とか武道・華道・書道って、みんな道がつくでしょ。
あれは道を求めているんですよ。仏道・神道・修験道っていうのもあるな…。
これは人に褒めてもらうためにするのでも、ご飯を食べるためにするのでもない。
たぶん精神的な高みを追及してると思います。」

「写経なんかもいいの?」

「それが頭に浮かぶのなら、試してみられてもいい。
ただし字が上手になるためでも、般若心経を間違えずに覚えるためでもない。
自分を高めるためにやる。そういう意識でね。」

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました