陰陽って何だろう

陰陽は、東洋医学の基本中の基本です。

そもそも陰陽とは医学用語ではなく、古代中国文明のなかに生まれた、万象を分析するためのものさしで、このものさしを医学においても用いたものです。

陰陽とは、といっても漠然としすぎますので、たとえば、で説明します。

例えば、こういうものが陰陽

たとえば、表と裏は陰陽関係にあります。一枚の紙の表裏をイメージしてください。もし、表のない紙ならば、裏のない紙ならば、どうでしょうか。紙として成り立ちませんね。

陰陽とはこのように、一つの事象や概念を、協力し合って作り出すものです。

表があればこそ裏があり、裏があればこそ表がある。
陰陽とはこのように、
持ちつ持たれつの関係なのです。

しかも、表と裏とは正反対ですね。
陰陽とはこのように、相反する概念の一対を言います。

しかも、表が大きければ、その分、裏も大きくなります。
陰陽とはこのように、釣り合ったものです。

つまり、
陰と陽とは協力し合って統合体を作ります
陰と陽とはどちらが欠けても存在することができません
陰と陽とは対極にあって相反する一対です
陰と陽とは釣り合った一対です。

さらに例を挙げましょう。

位置という概念の、上下は陰陽です。左右は陰陽です。内外は陰陽です。
人類という概念の、男女は陰陽です。
夫婦という概念の、夫妻は陰陽です。
親子という概念の、親子は陰陽です。
教育という概念の、師弟は陰陽です。
一日という概念の、昼夜は陰陽です。
一年という概念の、夏冬は陰陽です。

静と動という陰陽

このようにたくさんの陰陽が挙げられます。それら陰陽を、もっとも単純化しシンボライズすると、どういう概念になるでしょう。
それは「静」と「動」です。東洋医学の中に、それが見事に反映されています。

例を挙げます。

生命という概念の、気血は陰陽です。
気は動くもの、働き、つまり機能です。これは動です。
血は機能を生み出す土台、燃料、つまり物質です。これは静です。

東洋医学の血って何だろう」で説明したように、気は血によって生み出され、血は気のために存在します。つまり、気は血がなければ存在できず、血は気がなければ存在する意味がありません。相反する概念でありながらも、互いに協力し合って生命を作ります。東洋医学は、陰陽を調整することにより、生命に切り込むのです。

最終的に、生きる意味とは「動」です。じっとするために生きるのではありません。アクションを起こすのが生きるということです。しかし、動 (気) だけでは長続きしないので、静 (血) が必要なのです。静という土台にささえられた動をもつ生命…これが健康です。

陰陽はシーソー

日中 (日出~日没) は陽で、夜間 (日没~日出) は陰です。昼 (陽) になったり、夜 (陰) になったりを繰り返し、一年は過ぎ、万物は成長していきます。

まるでシーソーのように、昼が極まれば夜になり、夜が極まれば昼になりますね。陰陽とはそういう動きをします。昼が強いとき、夜は蔭で昼を支えます。夜が強い時、昼は蔭で夜を支えます。

正常なシーソー

夫婦の関係で考えてみましょう。
夫の仕事が優先されるとき、妻はそれを陰で支えます。夫が目立ち、妻は隠れています。妻の仕事が優先されるとき、夫はそれを陰で支えます。妻が目立ち、夫は隠れています。

正常なシーソーは、相手思いで、お互いを助け合おうとします

たとえば、妻が病気をして家事ができなくなったら、夫は仕事だけでなく、家事もこなして二人分の働きをします。このとき夫は無理をして妻をカバーしますが、これは何とか「家」という陰陽を守ろうとする姿です。

こういう時は、妻を強くすることによって、夫の負担を軽くします。

例えば体質が「熱」に偏るとします。これを治療するには、クールダウンする力を持つ「陰」を補うことによって、熱を温かい生命力に変えます。あるいは、熱そのものを取り除く場合もあります。

体質が「寒」に偏れば、ヒートアップする力を持つ「陽」を補うことによって、寒を温かい生命力に変えます。

異常なシーソー

異常なシーソーは、自分勝手で、よくない依存関係があります

たとえば、もし妻が病気をして元気がなくなったとき、夫はそれに乗じて遊びまくる。こういう時は妻を強くすることによって、夫を制御するべきです。あるいは、夫を制御することによって、妻を回復に導く場合もあります。

たとえば、体質が「熱」に偏るとします。これを治療しようと、クールダウンする力を持つ「陰」を補ってもうまくいきません。また熱そのものを取り除こうとしてもうまくいきません。こういう時は、クールダウンと取り去る治療を両方一度に行うことでうまくいく場合があります。

しかし、こういう自分勝手な陰陽は、それだけでは正常な陰陽に戻すことができない場合もあります。そういう場合は「境界」を治療して陰陽を本来の形に戻します。夫婦二人だけでは解決できないので、その間に第三者を入れて話し合う…とでも例えられるでしょうか。

境界とは

境界とは、陰と陽を分ける境界線のことです。たとえば日出は夜と昼との境界です。日没も昼と夜との境界です。

もう少し詳しく説明しましょう。

陰陽には、陰と陽を分ける境界があります。この境界は、陰・陽を生み出すものであり、最も重要な概念です。そういう意味では、精ということもできるでしょう。精とは気血陰陽を生み出す元です。

たとえば、上下という陰陽には、上 (陽) と下 (陰) を区別する基準 (境界) がありますね。何をもって上というのか。何をもって下というのか。これは基準と定める「ここ」があるからです。例えば空は上で、地面は下です。これはそこに立つ「自分」が基準となっているのです。「天地人」という言葉がありますが、天は陽、地は陰、人は境界です。

基準となる「ここ」があるからこそ、上が生まれ下が生まれる。境界は陰陽を生むのです。

陰は陰らしく、陽は陽らしく

東洋医学では、陰陽のシーソーを動かして整えます。

陰を治療すれば陽が整い、陽を治療すれば陰が整います。これは陰陽のシーソーが動くからこそできるのです。

シーソーが動かなければ、境界を治療すれば、動き出します。すなわち、陰陽を生み出す働きが強化されるのです

これらの目的は「陰は陰らしく、陽は陽らしく」するということです。

夫婦で言えば、妻のことを思いやる夫こそ夫らしく、夫のことを助けたいと思う妻こそ妻らしい。そんな妻を持つ夫は、より夫らしい働きをする。そんな夫を持つ妻はより妻らしい働きをする。陰は陽を陽らしくし、陽は陰を陰らしくするのが、本来の陰陽なのです。

そんな家は、きっと活気に満ちています。健康な人には、そういう陰陽の働きが見られます。

本来の陰陽の姿にすること、これが東洋医学の治療と言えます。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました