お料理日記…マグカップおすまし


マグカップ味噌汁、大好評につき、

またまた主人考案、

マグカップおすましのご紹介です。

もともと、仕事で忙しかったお母さんの手抜き料理らしい。

しかし、これにひと手間加えると、

あら不思議。

前置きは、これくらいにして…

まず用意するのは、少量の大根おろし。

マグカップに、大根おろしを投入。

続いて、

塩少々。しょうゆ適量を投入。

使いきりのカツオぶしパックを開けて入れましょう。

ここにガンガン沸いたお湯を投入。

よくかきまぜましょう。

最後にきざみネギをいれて…

ほら出来上がり。

お好みでとろろ昆布を加えてもdelicious!

大根おろしが食卓に出ると、

主人がスッと立ち上がり、マグカップを用意している。

べつにお椀でもいいと思うんだか゛…。

それはともかく。

それを見た子供たち、「我も我も」と立ち上がり…。

「塩ちょうだい」「醤油ちょうだい」「ネギまだある?」

と、豪華料理?そっちのけで、

しばしの戦場となります。

子供は自分の作った吸い物のおいしさに感動!

ええっと、私の作った料理は…?

それも、ともかく。

大根おろしを入れるのが、このおすましのポイントらしい。

いぜんから、鰹節と醤油の即席吸い物は作っていたんですが、

野菜の煮汁でおすましを作ると美味しいことをヒントに

大根おろしを入れてみたのが始まりです。

大根の甘みと香りがコクを生む!

主人のあくなき研究心は、これにとどまらず…

湯豆腐の煮汁でおすましを作っても、おいしいことを発見。

豆腐の甘みがカツオの香りによくあう!

おなべに豆腐だけが残ってしまうことも、たびたびです。いいのかこれで…。

おだしは、世界が注目する日本料理の要です。

油脂や砂糖を使わず、

おいしく料理を頂く「奥の手」ですね。

油脂や砂糖は、口に美味しすぎて、体や心のセンサーを狂わせ、カロリー過多になりやすくなります。

そうならないように、日本料理の長所を食卓に取り入れてください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました