道の草花…「完全」

ラッパ水仙の葉が出てきました。

雪がちらついていたころは無かったのに、

気がつくと、もうこんな背の高さに。

花蕾もいっしょに出てきているの、分かります?

これから咲こうとする、大輪の水仙。

今はまだ、見向きもされないけれど、

花咲く日がやがて来る。

今はまだ不完全。咲いてはいない。

でも完全を目指そうとする。満開の日を見据えている。

そういう姿です。

陰陽論でいえば、完全は陽。不完全は陰。

不完全にささえられて完全がある。

完全であるから不完全もある。

陰と陽とはケンカする関係ではありません。

相反する性質を持ちつつ、しかも、

互いに協調し助け合う関係。

不完全と完全が協調しあう姿、

これこそが真の「完全」です。

陰陽論では、これを太極といいます。

そういう意味で、世の中の真理は、

不完全の完全なんです。

そうあるべきであり、実際そうあるのです。

完全のみであることを陰陽論は否定します。

完全のみは真理ではない。

この水仙も常に完全な姿、

つまり…

大輪の花をつけた状態が永遠つづけば、

だれが愛でることがあるでしょうか。

花として、完全であるのは、

一年のうち、ほんの数日にすぎません。

だからこそ、の美しさでしょう。

開花し、完成してしまえば、

あとは散るだけ。しおれるだけです。

不完全であればこそ完全が存在する。

完全があれば必ず不完全が隠れている。

完全は陽。不完全は陰。

陰と陽とは互いに助け合う。

不完全と完全が協調しあう姿、

これこそが真の「完全」…

いま咲かんとする美しさです。

≫「暑中の涼」もご参考に。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました