院内の景色…満開

花屋さんでよく見かける蘭。

でもこの蘭はちょっと思い入れがある。

先おととしの暮れ、叔父が何を思ったか家の方に届けてくれた。

院にちょうどよいので飾ったんだが、

叔父が何でこれをくれたのかは不明のまま。

昔はしょっちゅう我が家に遊びに来ていた叔父だが、

親父も祖父母も他界してからは、そんなに会う機会もない。

その年の花の見ごろも終え、

鉢を自宅に持って帰り、

枯れかけた花を軸ごと切り取り、ゴミに捨てながら、

「育ててみよう」

と思った。

花が好きだったおふくろの影響もあって、

育てるのは苦にならない。

ネットで育て方を調べ、

庭の隅に固めてある鉢の中から、

見合うくらいの一回り大きな鉢を探し

ホームセンターで土を買い、

そうそう、肥料はおふくろが買って置いてたのがあった、

…そんな調子で、首尾よく道具をそろえて植え替え、

強い日差しにやられない程よい場所に安置。

それから水やりの毎日。

体調の悪い日、ケンカして機嫌の悪い日もあったなあ。

うっかりしていて夜に水をあげたことも。

そんなこんなで、なんとかかんとか、

去年の四月頃、一本だけだけれど、花芽が出て花が咲いた。

でも、院に飾るには少し貧相。

自宅で少し花を見てから、切り取って、

それからまた、夏の水やり。

すると去年の暮、なんと五本も花芽が!

残念ながら、そのうち二本は支柱を立てるときに折ってしまったのだが、

三本の花芽が満開に。

花屋さんで買ったほど綺麗じゃないけど、

みんなに見ていただきたい蘭です。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました