蓄膿…湿熱による鼻閉

31歳男性。

「8歳から花粉症で、28歳で蓄膿と言われました。」

つらそうな鼻声。

「ふくらはぎが重くてだるいんです。」

「ふくらはぎが重いのも、鼻が出たり詰まったりするのも、モタモタした水が原因なんですよ。」

「モタモタした水?」

「水は人間にとってとても大切なもの。でもサラサラ流れていれば生命エネルギーになるけど、モタモタし出すと生命の邪魔をする物質になるんです。これを湿痰と言うんです。」

「へえ」

「水は下に流れるでしょ。だからふくらはぎが重くなる。では鼻に昇ってくるのはなぜか。これは邪熱です。火は上に昇るでしょ。熱が湿痰と結び付くので鼻に行くんです。」

まず、熱を取る処置。神道・左右の心兪に鍼。
その後、湿痰を取る処置。右豊隆に鍼。

「どうですか?」

「ああ、鼻が通ってきました。」

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました