感謝の練習

「 (小声) 先生、となりの方、よくねておられますね。」

「そうですね。」

「気持ちよさそうやなあ。わたしも、お昼は横にはなるんですよ。でも横になるだけ。」

「寝られないんですね?」

「そう。」

「寝たいのに?」

「そう。ずっとそうなんです。」

「ぼくね、最近、感謝の練習をよくするんですよ。」

「プッ…練習ですか?」

「そう。そしたらね、すぐ眠くなって、居眠りしてしまうんです。まあ、目が覚めたら元の黙阿弥でね、感謝の心はどこにもなくなってしまってるけど。でも体ははスッキリしますよ、寝たから。」

「ははは」

「他の人はどうか知りませんよ、でもぼくはね、『感謝しよう、感謝しよう』と思っても、無理なんですよ。できない。」

「そんなことないですよ。先生は、できておられるんでしょ?」

「いや、ぼくなんか相当なもんですよ、口ばっかりで。」

「先生がそんなこと言ったら、私なんかもっとですやん。」

「それでね、思っていても無理なんで、ずっとやってたのは、暇さえあったら『ありがたい、ありがたい』って言うこと。思えなくても、言うのは簡単でしょ?」

「なるほど、お医者さんの本を読んでも、『感謝が大切』ってよく書いてありますわ。病気が治りやすくなるって。」

「そうそう、そういうことなんです。『感謝力』っていう言葉もあるみたいですね。それでね、それをやっていてね、以前よりは、かなりマシになった。けど、どうも自分の力だけでは、徹底しないことに気づいた。でね、最近、別の練習方法を取り入れてみた。」

「どんな?」

「自分の力に頼らず、まかせた方が感謝しやすい時があるんですよ。」

「まかせる…」

「たとえばね、自分の力ではコントロールできないものがある。例えば天気。太陽や雲をどうこうすることはできない。」

「そりゃ、そうですね。」

「つまり、僕より偉いんですよ、太陽は。言うことを聞くしかない。僕なんかより、ずっと上。だから、まかせていいんですよ。」

「ふーん…」

「他力本願っていう言葉、ご存知ですか?法然上人が有名ですよね。南無阿弥陀仏って唱えているだけで救われるっていう教え。これは当時としては、すごく斬新な教えだったんですよ。誰でもいつでも簡単にできるっていうんで。この他力本願の真髄は『貴方様にすべておまかせします』っていう気持ちなんですね。これが大切なんだろうと思う。僕の場合、感謝しよう感謝しようと何ほど思っても難しい。だから、言葉に出して努力した。これ自力。因みに禅宗は自力本願らしいですね。これも大切なんです。でも、おまかせしますって気持ちになると、なんとなく、自然に感謝の気持ちが湧いてくることがあるんです。これが他力なんですね。自力と他力は両方必要なんです。」

「へえ…」

「そしたらね、とっても気持ちよくなって、眠くなる。体にいいわけですよ。」

「わたしは、感謝の気持ちが足らんのやわ。」

「いっしょにやりましょ! 感謝の練習。」

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました