不全流産の治験

患者さんから、娘さんのことでご相談を受けた。流産したのだがフクロ (胎嚢) が下らない。不全流産なので手術して出さなければならない、と産婦人科で言われたが、できたら手術はしたくない。鍼で何とかならないか、とのこと。結果、計5回の治療 (10日間) で完全流産となる。

※不全流産…胎児が死亡した後も、胎嚢が子宮内に残留し、排泄されない状態のこと。
※完全流産…胎児が死亡するとともに胎嚢が体外に排出され、完結した流産のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初診
一週間前に流産と診断を受ける。下腹が少し痛い (刺痛) が出血はない。おりものはある。腎気虚 (腎臓の気が虚の状態) 。瘀血。左三陰交にウロウロと定まらない邪気がある。
照海に20分置鍼。腎臓の正気を補う。
左三陰交に鍼 (速刺速抜) 。瘀血を取り去る。

2診目 (2日後)
今朝から微量の出血。
左照海に20分置鍼。

3診目 (3日後)
出血は同じ程度で続いている。下腹の痛みは気にならない程度に減少。
左照海に20分置鍼。左三陰交に鍼 (速刺速抜) 。
合谷に銀製古代鍼にて処置。気滞をとることで瘀血の除去をスムーズにする狙い。

4診目 (2日後)
前回治療後、出血量が6倍に増えた。ただし、月経の終わりころの出血に相当する量。色は黒っぽく、濃い時と薄い時がある。初診当初よりも下腹の痛みがきつい。
左照海に20分置鍼。

5診目 (翌日)
AM5:30に大量出血。しんどいかなと思ったが子供の参観に出席。PM3:00帰りの車中で再び大量出血。出血が多いせいか、少しボーっとする (起立性めまい) 。出血がだらだら続いている。脈を診ると浮いて力がない。これは正気が漏れていることを示す。
不容に夢分流打鍼術。脊中に灸9壮。脾兪に灸5壮。左隠白に銀製古代鍼にて処置。出血過多にならないように脾臓をバックアップ。

6診目 (3日後)
前回治療後も出血量は多く、昨日、白っぽく大きな異形の塊が出た。胎嚢か。塊排出後から出血が少なくなり、生理の終わりころと同じくらいとなる。血の色は薄い。起立性めまいは不変。手のむくみが子供をダッコすると出る。起床時のスッキリ感が出てきた。流産した頃からなんとなく体調が悪かったが少し楽。
大巨に20分置鍼。脾臓と腎臓の正気を補う。

7診目 (3日後)
産婦人科で、胎嚢は排出され、完全流産であるとの診断を得る。流産してから食欲がなかったが、やっと出てきた。めまいはまし。手のむくみなし。出血はおりものに血がまじる程度のもの。
左大巨に20分置鍼。左不容に夢分流打鍼術。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まもなく出血は止まり、7診目の20日後、生理が来たとの報告を受ける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

流産してしまったのは、腎臓の正気の弱りがあったことが原因。胎嚢そのものは瘀血である。瘀血という邪気を外に出すためには、正気がしっかりしていないとできない。このように、虚と実が同時に存在する。不全流産となるのは、ある意味、必然といえる。病態把握が複雑となるのは避けられない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素体として、腎精の不足があるタイプ。腎精は弱くても、腎気は強いというのはよく見られる。だから妊娠できたのだろう。この患者さんは、妊娠後、睡眠不足があった。そのため、もともと弱い腎精がますます弱くなり、腎気を支え切れるレベルではなくなり、流産に至ったものと考えた。陰陽の法則にはいろいろな側面があるが、消長の法則から互根の法則に転化した可能性がある。

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました