酔っぱらいの治療

もともと、お酒は弱い。
最近 、350のピールが全部飲めるようになって、
「酒豪になった。」と、うそぶいて家族に笑われている。
そんな僕が、調子に乗って、9%のチュウハイ (350) を買って飲んでみた。
いい感じでクラクラしたが、しばらくすると座っていられない。

横になっていると、知らない間に寝ていたらしい。
横の机で数学の問題集をやっていた子供が、
「父さん寝言いってたで。」と言う。軽くうなされていたらしい。
立ち上がろうとすると、めまい&ムカムカ。立てない。
呂律は回らない。
意識は朦朧。
このままでは確実に吐く。なんとかせねば。

そこで思い出したのが、名医・藤本蓮風先生著「経穴解説」。
先生が酒に酔った時、公孫で戻した…という一節。
よし、実験。
左右の公孫に両手のひらを当ててみる。
意識が朦朧としているが、集中力を振り絞る。
おっ、ホンマや。左公孫に生きた反応がある。
虚実は? 左が虚。補法やな。

鍼の道具は座敷の間。
立てないので、這って座敷にたどり着く。

鍼をするのはしんどいので、手軽にできる古代鍼を取り出す。
金製古代鍼を左公孫にかざす。
即座に頭がスーっと明晰になる。
ムカムカも大幅にスッキリ。
立ち上がってみる。…立てる!
すごい、さすが蓮風先生!
たしかに、この穴性は他の治療にも応用できそうだ!

普通に歩いて子供の前に登場。
「鍼したで。すごくない?」
「すごい! 鍼ってそんなのにも効くの? 魔法みたいやな。」
そのまま歯磨きになだれこみ。
引き続き、子供に数学を教え、
終わって、この記事を書いています。
ちょっと気持ち悪いけど。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました