東洋医学の肝臓って何だろう (続編)

東洋医学でいう「肝臓」がどういうものか、「東洋医学の肝臓って何だろう」で詳しく説明しました。その続編として補足を展開したいと思います。

テーマは、「誤った条達」です。

前編では「条達」という言葉を用いましたが、この続編では「疏泄」という言葉に置き換えます。いずれも同義です。なぜ置き換える必要があるかというと「疏泄太過」「疏泄不及」という2つの用語を用いるからです。

この2つの用語は、「誤った疏泄」です。

さて、まずは、

腎臓と肝臓の関係
脾臓と肝臓の関係

に着目します。いずれも「誤った疏泄」と関係しますが、それ追って説明します。まず押さえておきたいのは、以下のことです。

肝臓を治療しようと思えば、腎臓を治療しないと治せない。
肝臓を治療しようと思えば、脾臓を治療しないと治せない。

東洋医学的な色合いの濃い考え方です。西洋医学の「肝臓」なら、「肝臓」のみを治療することになりますね。物質を基にした西洋医学は、一つのパーツを修理することに重きを置きます。機能を基にした東洋医学は、機能の連携のバランスをとることに重きを置きます。では、肝臓と上記二臓とは、どのような関係があるのでしょう。まずは、肝臓と腎臓の関係から見ていきましょう。

肝と腎の関係

肝は木、腎は根にたとえられます。木は根によって支えられている。根がなければ木は枯れてしまいます。肝と腎も同じ。肝は腎によって支えられています。

それは、気が血に支えられているのと同じです。これは「東洋医学の血って何だろう」で説明しました。腎に蔵されている「精」は作り変えられ、「血」になります。「血」は肝臓に蔵され (肝血) 、肝臓の気 (肝気) を生み出します。

肝気が暴走すると、肝血が弱くなる。
肝血が弱くなると、肝気が暴走する。
シーソー関係ですね。

肝血が足りていると、肝気は暴走しなくなります。その肝血の供給源が腎臓というわけです。腎臓を強くしておけば、肝気の暴走が防げることになります。

逆に、ストレスが常にあって、肝気が常に強くなりすぎた状態だと、肝血が常に足りなくなるので、腎臓が弱くなっていきます。 肝臓を調整して、腎臓が弱るのを防がなければなりません。

このように、肝臓と腎臓は精と血の観点から一つの機能としてみることができます。これを精血同源といったり、肝腎同源といったりします。
肝気の暴走は、疏泄太過といいます。肝気偏旺とも言います。相火妄動もよく似た概念です。

 

腎精が強いと肝血も強い。結果として肝気は正しい方向に疏泄する。
腎精が弱ると肝血も弱る。結果として肝気はあらぬ方向に疏泄する。

あらぬ方向とは、誤った道です。この道を進むことを疏泄太過といいます。この状態では「つらさ」は自覚できません。腎臓の弱りも、血の弱りも自覚できません。
誤った道はいつか行き止まりになります。これを疏泄不及といい、気滞や気虚が起こって「つらさ」が自覚されます。「症状の自覚」です。腎臓の弱り・血の弱りによる症状も起こります。

肝と脾の関係

肝臓と脾臓にも、肝臓と腎臓の関係によく似た関係があります。

肝気が暴走すると、脾臓が弱くなる。
脾臓が弱くなると、肝気が暴走する。

ただし、違いもあります。肝臓は木で脾臓は土です。木は土で養われていますが、木と根の関係とは少し違います。木と根とは同じもの (肝腎同源) ですが、木と土とは違うものです。木は土の養分を吸い上げて、土に負担をかけます。土は木に養分を与え、木のために犠牲なってくれます。わがまま息子とお母さんの関係…別人物の関係ですね。

肝気が暴走すると、脾臓を攻撃する。
脾臓が弱くなると、肝気が暴走する。
シーソー関係です。

これを気と血の関係で説明しなおしましょう。気の暴走=血の弱り …でしたね。だから、肝気が暴走すると肝血が弱ります。血のソースは脾がもたらす栄養分です。だから、血=脾とも言えます。血が弱いということは、脾が弱いということに等しい。ゆえに、肝気暴走=肝血が弱い=血が弱い=脾が弱い。
逆もしかり。脾が弱い=血が弱い=肝血が弱い=肝気暴走。

また、こういう説明の仕方もできます。肝臓の機能である条達。これは脾臓の栄養分を動かすルートの流暢な流れ (運化機能) にも一役買っています。条達がうまくいかないと、運化機能もうまく働かず、脾臓が停滞します。肝気が道なき道を暴走し動けなくなると、脾臓が弱ります。

肝気が正しい方向に疏泄すると、脾臓の運化を助ける。
肝気があらぬ方向に疏泄すると、脾臓の運化に逆らう。

 

このような現象は水面下でも起こりえます。つまり、脾臓が攻撃され弱っていると自覚できるとは限らないのです。ぼくはこれを「隠れ脾虚」と呼びます。人間はいずれ死にますが、後天の元気である脾臓が弱らなければ死ぬことはありません。つまり、脾虚は徐々に進行しているのです。

ところが臨床を見ていると、脾虚は症状に出ないことが多い。ガンなどはその適例です。寿命が近づいていても、脾虚 (食欲不振など) の症状はしばらく自覚されず、急に自覚されて急変することがほとんどです。この辺が弁証の難しさでしょう。肝気の動向いかんで脾虚は自覚されないのです。

脾臓が攻撃されている状態が表面化した状態のことを肝脾不和といい、脾臓の弱りが症状として表れ、つらさとして自覚されます。以下に説明します。

肝脾不和

ストレスで、胃が痛くなる・食欲がなくなる・下痢する…。肝の暴走が脾を攻撃する。「肝脾不和」といいます。ひどくなると、コーヒーを飲むだけで胃の調子を壊す。カフェインが肝を興奮させ、肝が脾を弱らせる ためです。

肝と脾のシーソー関係です。

逆も言えます。つまり、脾が弱い体質の人が、ストレスでイライラしやすい場合がある。体が弱くて神経質。これは肝気の暴走が慢性的に起こっています。もともと脾が弱いため、肝がいきり立っている。

肝気がいきり立つと体の痛みが起こりやすくなりますが、こういう場合、その痛みの原因は、脾の弱りということになります。これも実際にたくさん見られます。食欲が出てきたら痛みもましになった… 。よくあることです。

ストレス食いの病理

ただし、みんながみんな、ストレスで即座にお腹に異常が出るとは限らない。ストレスがあっても、平気で食べる人もいます。こういう場合、ストレス食いになる傾向があります。とくに甘いもの・脂っこいもの・めん類・お酒は・カフェイン類に走ることが多いようです。気持ちが落ち着くと感じます。

こういうのは肝脾不和とはいいません。しかし結果として、肝臓が脾臓を攻撃することには変わりありません。

そもそも肝気が暴走して脾臓を攻撃するのですが、純粋な暴走…つまり疏泄太過は「つらさ」を自覚できません。これは「肝と腎の関係」で説明したとおりです。よって胃痛などが出ません。だから飲食に走るという暴走が止まらない。

まず、ストレスを受ける。すると疏泄不及 (気滞) を起こしそうになる。ここで、ストレスを和らげる考え方ができれば、正しい疏泄をしたことになります。しかし、なかなかそうはいかない。気滞の「つらさ」を起こすまいと、飲食をとる方向に舵を切る。これは無意識 (肝臓) が行います。食べたら落ち着くのではなく、症状がなくなるのです。そして、不要な飲食をしたことによる負担が体に残る。しかも無症状で…。そしてそれはいずれ発症します。たとえば糖尿病・高脂血症・動脈硬化などがそれです。

甘い物の行きつく先

甘いもので気持ちが落ち着くと感じますが、実はそうではない。運動もせずに甘いものを多食すると、栄養をさばききれず、水面下で脾臓を弱らせていきます。それから、湿痰がたまってくる。湿痰が長くとどまれば邪熱を生み、湿熱に変化する。湿熱は血を焼いて、瘀血まで生み出す。

≫「湿痰とは」 (正気と邪気って何だろう) をご参考に。 

また、脾が弱ってくると肝気が暴走し始める。普段からイライラしやすくなる。ストレスを感じやすくなる。甘いものが手放せなくなる。負の循環です。

暴走を始めた肝気は、条 (みち) を失っているわけですから、行き止まりになって鬱滞し、気滞を生じたり、道なき道を行って戻れなくなったり、いろんな問題を生じます。

真っ赤な顔して狂った将軍…肝の気滞が邪熱を生みだします。邪熱は、湿痰をますます粘質のものにしたり、血を焼きカチカチにしたりします。これは、癌や脳梗塞など、病気の大きな原因となります。

痛みと肝臓

疏泄太過という言葉が出てきたので、ついでに肝臓と痛みの関係について説明します。肝と腎の関係で説明した内容と重複しますが、もう一度まとめておきます。

肝臓が正常だと疏泄も正常です。
肝臓が異常だと疏泄異常が起こります。

疏泄異常には2種類あります。疏泄太過と疏泄不及です。これらは陰陽関係で、陰陽転化の法則にしたがい、太過になったり不及になったりを繰り返します。ただし、それは陰陽幅の大きい人に言えることで、陰陽幅の小さい人は、疏泄太過と疏泄不及が錯雑したものが多いと思います。

疏泄太過は無症状です。
疏泄不及は「つらさ」が出ます。痛みはこれが原因です。

わかりやすくします。

肝は「木」のように「上にのびのびと伸びて成長する自由闊達さ」を持っていましたね。これが「条達」で、正しい「条」 (みちすじ) を行き「達」するのです。全身の機能 (気) を、のびのびと滞りなく動かすのです。

もし、正しい道を行かず、誤った道を行けば、途中まではトラブル (症状) なくいけるのですが、いずれ行き止まりになりますので、 鬱滞します。気滞ですね。気滞が痛みの原因となります。

≫「気滞とは」 (正気と邪気って何だろう) をご参考に。 

不通則痛。通則不痛。…通じなければ痛み、通じれば痛まない。

左右と肝臓

肝臓は、もともと「木」のように上に伸びる性質があります。正しい疏泄ならば、瞬時に目がハッキリして体が軽く動きやすい。

もし誤った疏泄なら、上に機能の過剰な偏りが起こる。簡単に言うと、上に気が昇りやすくなる。に気の重心が移動するとどうなるか。頭でっかちの建造物を想像してください。左右に傾こうとしますね。左右の問題が出る。人体の左右が崩れてしまうのです。

考えてみてください。痛みは多くは左右どちらか片側に出ますね。こういう痛みは、肝の異変をまず疑ってよい。鍼は、この気の偏在を修正するのに適した方法です。ただし、打つ鍼は一本のほうが効果が顕著です。左右にくずれたバランスを一本鍼をつかって修正すると、上下のバランスまで勝手に治ってしまう。結果的に気が下がり、気分は爽快になり、痛みは知らぬ間に消えている。

緊張が解けるからです。適度な緊張感と集中力があって、国のためを思い戦う「やさしい将軍」に戻るからです。

蔵血と肝臓

肝臓は血に深くかかわり、出血が止まらないとき、肝臓を治療すると、出血が止まることがあります。これは蔵血作用がかかわるからです。かなり専門的な内容になりますが、興味のある方は「出血…東洋医学からみたつの原因と治療法」に説明しましたのでご覧ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました