温かいスイカ?

今日はこんな天気。

温度計は・・・Oh,35℃。

明日から台風接近との予報。

畑の雑草をきれいにしとかないと。

また、雨が続くと、草がちょっと大変なことになりそうなので。

その前に、まずはスイカの収穫。

もう採り頃のものが結構あるはず。

こんな感じ。

白い粉みたいなのは、石灰石を粉にしたもの。

石灰石といえば、美しい水が流れる鍾乳洞ですね。

だから、人体に無害。

スイカは雨に弱い。葉っぱが枯れてしまうんです。

石灰石はアルカリ性なので、雨で酸性に傾いたときに降りかけると、いいかな・・・

という想像でやってます。気持ち効いているみたいな・・・。

まあ、よくわかりません。気休め。

雑草を掃除していると、汗がしたたる。

そんな時、目の前にブラブラと、このように赤く熟したトマトが。

一番赤いのをパクリ。

こうやって食べるトマトが一番おいしい。

クーラーの効いた部屋で食べるトマトとは比べ物になりませんよ。

どんな味がするか。

日差しを受けて生ぬるい。でも、最高。

汗をかいては食べ、また汗をかいては・・・

何のために作ってるのかわからなくなりますが・・・

このトマトを食べるためでしょ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

草そうじも一段落、もうお昼過ぎ。

ご飯の前にスイカが食べたい。

我慢できない。

乱暴に割ったスイカにガブリ。

おいしい!

なんども言いますが、採りたてのスイカ。生ぬるいです。

なのにホントにおいしい。

喉の渇きが癒えたところで、昼食。

ああ、ご飯がおいしい。

・・・・・・・・・・・・・・・

子供のころ、自転車で、長い道のりを通学していました。

夏の昼下がり、へとへとになって上り坂を自転車押して歩いていると、

近所のおっちゃんが畑でスイカを食べてる。

「お前もこれ、食べるか?」

そうやっていただいた温かいスイカのおいしかったこと。

冷蔵庫で冷やしたスイカと、日差しのもと採った温かいスイカ。

自然の理法にかなっているのは、むしろ後者です。

温かいスイカなんてスイカじゃない。

これは現代人に限った、特殊な考え?

「熱中症パラドックス」←こちらの提言をご参考に…。
「冷たい飲食、無関心のままでよいのか」←こちらも。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました