頭痛 (14歳) …治療の実際

14歳女性

今朝、目が覚めた時から頭が痛い。
部位は、両方のこめかみ。
昨日、理科の授業で、有毒ガスをともなう実験があった。臭かった。
その時、頭が痛くなった。他にもそういう生徒がいた。まもなく頭痛は癒えたが、それが原因かなあ、とのこと。
定期試験前なので、何とかしてほしい。

舌診・・・

舌尖紅刺。白膩苔。

脈診・・・

急性の症状なので、まず表証を疑ったが、それは認められず。
男脈。幅有り。四霊すなわち、滑肉門・天枢・大巨・胃兪・三焦兪・腎兪の可能性。
左沈脈。

腹診・・・

天枢は左実、右虚。大巨も左実、右虚。大巨の方がはっきりしている。取れにくそうな邪ではないので、正気は邪気に勝つだけの力があることが推定できる。
肝相火も左実右虚。はっきりしているので、少陽枢機のチョウツガイは錆びていない。
空間は、左下後に虚の偏在。

※実…気 (機能) がギュウギュウ詰めの満員電車状態。
虚…気がガラガラの状態。

原穴診・・・

丘墟が左実、右虚ではっきりしている。
肝相火を中心として、左胆経が実になっている。

左下後にあたる左腎兪を探る。生きた反応あり。腎兪は左実中虚、右虚中実。邪の絶対量は右>左なので、左が虚している。

病因病理

左胆経が実で、左半身が実に偏る中、左腎兪だけが虚している。左右のシーソー運動がとまっているのは、この虚があるから。有毒ガスによって引き起こされた気滞は、腎虚がなければ解消されたはず。それが解消されなかったので、一晩寝て静止状態で気滞がupし、陽亢を生じて頭痛が出た。

左右均等に頭痛があるのは、腎虚がベースなので、左右差が出にくかったといえるかもしれない。
こめかみの痛みとして出ているのは、定期試験前ということもあるし、有毒ガス (臭い・先入観) もあって、ストレスによる気滞が少陽胆経に影響したと考えられる。ストレスは肝臓・胆腑に影響しやすい。

腎虚が解消されれば、左右のシーソーが動き出し、気滞は取れるはず。陰虚陽亢型で陰虚>陽亢の頭痛だ
※正確には陰虚まで進んでおらず、腎気虚の段階。腎気の固摂作用が低下している。概念を簡略化するために表現方法をまとめた。もっというならば、慢性的な腎虚ではなく、急性の腎虚といえる。

治療

腎兪に1番鍼を刺入。表在の邪を払い、深在の虚を補う。5分置鍼後、抜針。

治療後、肝相火の左右差は変わらず。しかし、左下の虚の偏在は取れているので、そのうち動くはず。

効果

「痛み、どう?」
「さっきと同じです。」
「もう少しこのまま休んでいてな。」

そのまま20分休んでいてもらう。

再び診察。肝相火の左右差が消失。丘墟も左右差なし。胆経の左右差がなくなった。

「痛み、どう?」
「あっ、ましです。」
「最初10とすると、今どれくらい?」
「5くらいです。」
「やっぱり両方痛い?」
「いえ、右だけです。」
「そうか、左は取れた?」
「はい。」
「そうか。片一方だけになったら、痛みは取れやすくなるから・・・今日はこれで様子みましょか。」

・・・・・・・・・・・・・

その後、右に残っていた痛みは左に移動。さっきの右の痛みの半分になる。
それからまた右に移動。さっきの左と程度は同じ。
その右が取れて、痛みが消失。それが、治療して2時間後のことだったそう。
その翌日も痛みは出なかった。

ヤジロベーみたいに揺れながら、元に戻る。
人体の機能に宿る陰陽。
その陰陽のシーソー運動 (消長関係) をうまく引き出すことができた。
理想的な治り方。
有難い、うれしい。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました