自然薯…山薬

自然薯の収穫。

このように、立派なのもある。

でも、形の悪いのも。

おや?

何かに似ている…?

靴下はかせてあげてよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然薯は、漢方薬では山薬と呼ばれます。

陰を補いながらも、陽を補えるという、便利で変わった効能。

掘っていると、うなづけるところがあります。

とにかく、土を突き抜け、下に行く力が強い。

たぶん、植物の中で一番強いのではないでしょうか。

硬い土も、モノともしません。

下 (陰) に向かう力が強いというのは、それだけ陽が強いということでしょう。

陽は異極である陰を求めるからです。

S極とN極がひきつけあったり、

男と女がひきつけあったりするのと同じ。

山薬は、より強い陰を求めて、地中深く突き進みます。

それだけ強い陽をもっているということ。

山薬…という名も考えさせられます。

自然薯は山に自生します。

山とは…雑木生い茂るフカフカのスポンジのような腐葉土。

そんな土が、水 (陰) を蓄えているのをご存知でしょうか。

豪雨があっても山は崩れず、

かんばつが続いても川の流れは尽きることがありません。

これは山の土のおかげ。

そういう山の土の力を、人の体に薬として取り入れる…という発想。

山薬の効果として知られる、

健脾止瀉・養陰扶脾・養肺益陰・止咳・補腎固精・縮尿・止帯…

という効果は、山の土の力をイメージすると、

良く当てはまります。

≫土の力については
「浮腫 (むくみ) …東洋医学から見た5つの原因と治療法」をご参考に。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました