野球肩

小学4年生。ウチの息子。

3月 19日 (土) ・20日 (日) ・21日 (月) は3連休で、野球づけ。

19日、投球フォームを直すために、かなり投げたらしく、帰宅後、右肩が痛いと訴える。こんなに痛いのは初めてのこと。
20日、練習試合で、1日3試合。右肩は痛かったが、ポジションはサードなので、こなすことができた。
21日、今日も終日練習。起床後、ユニホームに着替え、パジャマを衣装ケースに乗せようとしたが、肩が痛い。そこで、出発前に朝から治療を行う。

痛む部位は、右肩関節の前部

とりあえず脈診
女脈。左沈脈。幅は (±) 。疲れが取れにくい状態が見受けられる。四霊、もしくは胃兪・三焦兪・腎兪が適応する可能性が高い。表証はない。

腹診
空間は左下に虚の偏在。左大巨に手をかざすが、生きた反応なし。

そこで、うつ伏せで、腰の腎兪に手をかざす。左に生きた反応がある。左が虚、右が実。手で触れながら、鍼をどのような傾きにすれば最も生体が応じるかを確認する。

左腎兪に金製古代鍼を翳す。皮膚に直角にではなく、水平に、臀部方向に向ける。ツボが充実し、気の流れが起こり始めた瞬間に鍼を離し、左手で軽くツボを押さえ、処置を終える。 (補法の鍼)

その後の経過
治療を終えて、すぐに練習に向かう。アップでブリッジをすると痛かった。ランニングを終え、キャッチボールを始めたときも痛かったが、続けているうちに、だんだんましになる。お昼休憩までに、痛みは完全になくなっていた。その後も痛みは消失したまま。23日 (水) には、ピッチング練習をして遊ぶ。今日は肩が特に軽い、とのこと。

この治療は、ただの痛み止めではありません。原因を根治する治療です。
ポイントはいくつかあります。
①疲れが取れにくい状態になっていた。それを治療で取れやすくした。
②右肩の前部は、人体を空間としてみたとき、右上前になる。治療を行った左腰 (腎兪) は、左下後になる。
③鍼といっても、金属をかざすだけ。皮膚に触れてさえいない

①からわかるように、健康な子供がスポーツで痛みを出すということは、炎症を自力で鎮めることができないから。その裏には、必ず全身的な疲労があります。疲労を取れやすい状態にしておきさえすれば、睡眠・運動・食事・談笑などをきっかけに、日常生活の中で疲労は勝手に取れていきます。アイシングでは、肩の炎症は取れますが、疲労は取れません。

②で分析したように、肩痛は、右上前で気が満員電車になっているとイメージします。右上前と空間的に対角にある左下後で、気がガラガラの電車になっているとイメージします。ここに気を集めることで、結果的に右上前を定員通りの電車に戻し、気の流れを正常化します。気 (機能) の流れが正常化するということは、体の機能の過亢進 (炎症) や低下 (疲労回復力の低下) が均等化することを分かりやすくイメージさせる表現です。左下後に気を集めることで、右上前を軽量化することができれば、目的達成です。

③は、目的を達成するための処置です。刺さなくても、刺激を与えなくても、その目的が達成されれば効きます。どういうカラクリで肩痛が起こっているかが、体全体という視点から達観できていると、治療に必要なものが見えてきます。必要なものは刺激ではありません。気をダイナミックに動かすためのカラクリの理解です。刺した方が気が動くならば刺しますし、刺さないほうが動くなら刺しません

「スポーツ鍼灸と東洋医学的鍼灸…長所と短所ここが違う」をご参考に。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました