カゼが治らない…免疫の治療

50代女性。

9カ月前から、カゼをよく引く。
一度引くと、1カ月ほど動けなくなる。
ましになっても、体がだるくて家事がこなせない。
こんな状態が、昨年5月、10月、1月と続いた。
1月のがましになったと思ったら、2月に入ってまたカゼを引く (初診日の5日前) 。
熱は今はないが、しんどくて何も手につかず、ずっと寝ている。寒くて仕方がない。
何とかしてほしいと来院。

もともと、疲れると顔に赤い湿疹が出ていた。
1年前に家族の看病で、その湿疹が治らなくなる。
病院を転々とした結果、遠方の病院でヘルペスウイルスの値が高値であることが分かる。
ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬であるアシクロビルを1日8錠を処方され、以来9カ月間服用し続けている。
それ以降、発疹は出なくなったが、カゼを引くようになった。

●脈診
男脈…疲れが取れにくい状態。四霊 (滑肉門・天枢・大巨) の可能性。
やや無力…体力の弱りがある。
尺位から寸位に向かう脈の流れが、中位・浮位にあり、しかも寸位外→尺位内の方向…皮毛・肌表の両方に寒邪があることを示す。

脈は全く浮いてはいませんが、外邪に侵されており、表寒証 (カゼ) です。表寒証をとれば、体はある程度楽になるはず。その目的が果たせたら、カゼを引く原因の治療が必要。寒邪は肌表まで侵入していることが伺え、直接寒邪を取ることはできません。正気を増して、侵された肌表に援軍を送り、皮毛まで寒邪を浮かして追い詰め、そのうえで寒邪を取るべきです。

●腹診
臍を中心とした空間は、右下。右大巨を探ると生きた反応。

●舌診
淡白舌・薄白苔・潤。やや無力。寒邪により、陽気が圧迫されている姿。陽気が伸びないと、しんどくて動けない。

●治療と経過
右大巨に5番鍼の横刺。3分置鍼。
つづいて腹部打診術、右脾募に処置。
カゼを引いているので、今日の入浴は控えるよう指導。
アクシロビルは中止するよう指導。
同時に、本薬を処方されている病院の通院も中断。

2診目 (2日後)
しんどさ、寒さ、熱っぽさ、すべて10→5。
まだ表寒がある。入浴はまだよくない。
関元に4番鍼の横刺。3分置鍼。

3診目 (3日後)
動けるようになった。表寒なし。入浴OK。
舌が明るくなる。
左天枢に5番鍼の横刺。3分置鍼。

4診目 (2日後)
コーラスの練習を再開したい!とのこと。
舌が赤くなる。これは表寒が取れ、もともとあった裏熱が主になったことを示す。

4診目以降、疏肝理気・清熱解毒を中心に治療を続けました。たまに脈で表寒が見受けられましたが、そのたびに治療で取り除き、体調は良好です。4カ月経過現在で、カゼは一度も引くことなく、忙しい日常をこなし、趣味のコーラスを続けることができています。顔の発疹も出ていません。

●考察
顔の発疹は、ストレスから熱化した肝火と、ストレスによる過食が原因の脾虚と、過労と年齢からくる腎虚から起こっています。発疹はアシクロビルの投与で出なくなりましたが、肝火・脾虚・腎虚は、西洋薬では改善しません。むしろ、体にとって不自然な薬を多量に飲むことで、脾虚を悪化させます。

カゼを引きやすくなったのは、ひどくなった脾虚が腎虚を悪化させ、ウイルスに対する防御が弱くなったためです。脾虚と腎虚の2つは、カゼをひく直接原因となります。また、肝火はこれら2つの根本原因です。

裏で糸を引いていた病気の黒幕は衰えず、むしろ勢いづいて、カゼを引きやすくなり、動くこともできなくなりました。症状を抑えることのみに終始し、原因 (生活習慣や価値観の狂いから生じる疲労) に目を向けない場合に、よく見られる病態の変遷です。

アシクロビルを中止した理由は、①帯状疱疹・単純疱疹・水ぼうそうなどが認められないにもかかわらず、ヘルペスウイルスを問題にするという個性的な病院にかかっていたということ、②また、本薬を使用してから発疹がカゼに移行した明らかな経過があるということ、③さらに、ご本人がこの病院に不信感を持っておられ薬を止めることを希望されたためです。

ヘルペスウイルスといえば、代表的なのは帯状疱疹 (ヘルペス) です。水ぼうそうのウイルスと同じで、水ぼうそうになったことのある人は、みなこのウイルスを保持しています。もし、免疫が弱ると、これが増えて帯状疱疹になります。あらゆるウイルスは、薬を飲まなくても、体のもつ免疫さえ元気になれば、免疫細胞が殺してくれます。もし、免疫が元気になれば、まず最初に、この患者さんのカゼが治るはずです。現在カゼを引かず、元気に暮らせていることは、免疫が復活した証しと言えます。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました