更年期障害…東洋医学から見た原因と治療法

突然カーッと熱くなり、汗が噴き出る。汗が引いたと思えば、体力が奪われたような疲労感。更年期障害の症状は多岐に渡りますが、ホットフラッシュはその筆頭に挙げられる症状です。

いろんな汗

大河ドラマの「龍馬伝」をご覧になった方は覚えておられるでしょうか。福山雅治さん演じる坂本龍馬が近江屋で切られ、命を落とすシーン。刀で切られながらも、即死とはならず、最期の時を待つばかりの痛々しい場面です。このとき、息も絶え絶えの龍馬は、全身から油のような汗を大量に流します。

他にもいろんな汗があります。暑いと汗が出る。汗をかいたらカゼが治った。冬でも寝汗が出る。汗って何なんでしょうか。汗についての考察は、ホットフラッシュを考える上でも欠かせません。東洋医学では、汗をどのように考えているのでしょうか。

さて、いつものことながら、東洋医学独特の「たとえ」をつかい、眩暈のメカニズムを解いていきましょう。

東洋医学は、なぜ「たとえ」を多用するのでしょうか。
「東洋医学の気って何だろう」をご参考に

西洋医学と東洋医学は基礎とするものが違います。詳しくは
「東洋医学的な鍼灸と一般的な鍼灸…違いが分かる6つの診察法」
をご参考に。

陰陽で汗を解剖

人体を、西洋医学的な物質的アプローチではなく、東洋医学的な機能的アプローチの切り口で見るとき、陰陽論を使うと分析しやすくなります。東洋医学は陰陽論を基礎にする医学です。
陰とは静寂。
陽とは活動。
まずはこう考えて下さい。

静と動は相対する概念であり、同時に協調して生命を営みます。つまり、陰と陽は生命力で、生命=陰陽です。静がなければ動は無く、動がなければ静はありません。寝ないと動けないでしょ? もうひとつ言えば、動がなければ生命ではありません。陰がなければ陽は作られず、陽がなければ陰は作られません。陽がなくなると生命活動は停止します。

また陰は水であり、陽は火でもあります。水と火は、静と動よりも具現化して陰陽を例えたものです。汗は水分なので陰に属します。同時に、汗とともに火 (熱) が漏れるので、汗は陽でもあります。汗をかくと体温が下がりますよね。このように汗は、陰・陽どちらの意味も持ちます。少しややこしいと思います。もう少し詳しく見ていきましょう。

≫「陰陽って何だろう」をご参考に。

傷寒論に見る汗

東洋医学の原典の一つ、「傷寒論」 (漢代) にはこのように書かれています。
「陽浮者、熱自発、陰弱者、汗自出。」
【訓読】陽浮なるものは熱自ずと発す。陰弱なるものは汗自ずと出づ。
【訳】陽が浮いていると熱が勝手に出る。陰が弱いと汗が勝手に出る。

【解説】
陽が浮くとは、余分な陽があるということ。
陰が弱いとは、その陽を縁の下で支える陰が、その陽に比べて弱いということ。
陽>陰。もし、陽が強いと体温が上昇します。このとき同時に、相対的に陰は弱くなり、発汗が起こります。

以上が、発汗の法則です。どんな汗にもこの法則が当てはまります。

この法則から以下のような分析が可能です。

いろんな汗の分析

●暑いと汗が出て涼しくなる
体が健康なら、発汗とともに余分な陽 (余分な体温) が漏れるので、発熱することはない。暑くても体温が上がらないように調節できる。陽浮となって体温が上がろうとするが、同時に陰弱で発汗し、上がろうとする体温を奪う。健康ならこうなる。

●熱が出て汗が出る
病的だと、発汗しても余分な陽が退かない。そのため体が熱くなり発熱する。ここでいう陽とは異常な陽=暑邪・風邪ろ邪熱のこと。この陽は、体温のような正常な陽ではない。陽浮で体温が上がり、陰弱で発汗するが、陽は退かない。

≫「風邪とは」 (外邪って何だろう) をご参考に。
≫「暑邪とは」 (外邪って何だろう) をご参考に。
≫「邪熱とは」 (正気と邪気って何だろう) をご参考に。 

●汗が出てカゼが治る

カゼが治る寸前の発汗は、異常な陽が正常な陽に押し出される形で汗がでる。このときは爽快感を伴う。

●寝汗

寝汗は陰が不足した体質の人に見られる。日中の陽 (活動力) が、眠るときに体内にしまい込む際、もともと陰が不足していると、陽を中和できず、相対的に陽の過多になって発汗するのが寝汗である。寝汗の原因は陰の不足なので、いくら汗をかいても陰を消耗するばかりとなる。

●亡陽…坂本龍馬の汗

まず、切られたことで血液 (水なので陰) を激しく消耗する。そもそも陰と陽は、互いに引き付けあって協調する男女のような関係。極端に弱った陰は、陽を引き付ける力を持たず、そのため陽は体を離れてしまう。このとき、大量の汗とともに陽が離散し、死に至る。陽浮・陰弱の法則により、発汗する。陰・陽は生命の機能的エッセンス。どちらが欠けても生命は成り立たない。

●熱い汗

熱っぽさを伴い、発汗しても涼しくならないときは陰が漏れている。これは発汗異常。本来、熱っぽさがあれば陽を漏らすべきで、陽が漏れたら涼しくなる。これは正常な発汗といえる。

●冷たい汗

冷汗は、陽が漏れている。顔色が悪く、寡黙で、食が細く、動きたがらないような体の弱い人は、暑くもないのに汗が止まらないことがある。

●発汗後の脱力感

発汗後、脱力感が出てしんどいのは、汗 (陰) とともに陽 (活動力) がもれている。陰陽ともに漏れると、生命力そのものが漏れることになる。治療で生命力の漏出を食い止める必要がある。

内風…汗のルートを開くもの

もう一つ、発汗の機序として大切な事があります。それは発汗するための水のルートを開く力です。これには、肝臓の「条達」が働いています。条とは筋道のことでしたね。道を開いて通りやすくする力。これが条達です。肝臓の条達は人体の正常な循環に不可欠です。

≫「東洋医学の肝臓って何だろう」をご参考に。

さて、いま言う条達はもちろん正常な働きですが、正常があれば異常がある。陰陽論の考え方です。条達にも、誤った条達があります。誤った条達の正体は「風」です。風はデタラメに吹きますね。そして風は風穴を開ける力があり、隙間を縫ってルートを開きます。風には「内風」と「外風 (風邪) 」があり、どちらもデタラメで誤った道を開いて、発汗異常の原因となります。

内風は、陰の弱り、あるいは陽の亢進によっておこります。火が風を起こすのに似た現象が人体にも起こります。陰の弱りも陽の亢進も火を生みます。その火が風を起こすのです。

カゼで寒気がして汗が出て止まらない…というのは外風によるもの。
高熱で汗が止まらない…というのは、熱から生じた内風が汗のルートを開いています。肝臓による正しいルートではなく、邪熱を退けるという目的を持たないデタラメな発汗なので、熱を退けることができません。

これら以外でも、気温が高くないのに汗が噴き出るのは、外風または内風がルートを開いているからです。

内風については「アトピー…東洋医学から見た4つの原因と治療法」で詳しく解説しています。

ホットフラッシュのメカニズム

●加齢は陰を損なう

さて、本題のホットフラッシュは…。

まず、50歳前後になると、誰しも体力の弱りが出てきます。年齢による弱りは陰の弱りです。そもそも、陰は臍下丹田にあって、人体のコアです。引力=求心力を持つ地球のコアと同じもの。これが求心力となって陽を出し入れします。

その陰が弱る (陰弱) と、陽は陰につなぎとめてもらえず、むなしく浮揚します (陽浮) 。内風が先導役となってルートを開き、陽は浮揚し体外に漏れ出します。これがホットフラッシュの発汗です。

●ほてり・首の凝り

もう少し詳しく説明しましょう。

浮揚した陽の一部は上昇し、顔のほてりや熱感を生じます。上で滞ると首の凝りを生じます。発汗が起こると、それでなくても弱っている陰が漏れ出すのですから陰を大きく損ないます。陰と同時に、陽 (活動力=気) も漏れて、脱力感が生じます。寝汗の病理と同じく、陰が不足し、陽の過多は相対的です。原因は陰の不足なので、いくら汗をかいても陰を消耗するばかり。陽の過多は相対的なので、退けようがなく、かえって気を漏らすというわけです。

陽が陰に勝つ。精神的には興奮状態、肉体的には過亢進。ホットフラッシュはその代表的な表現と言えます。

●その他の更年期障害の症状

更年期障害の症状は多岐に渡りますが、基本は陰虚陽亢です。

・動悸… 陰虚による血虚、もしくは陽亢による心火。
・頭痛・後頭部の重さ・めまい・耳鳴り… 陰虚陽亢。
・疲れやすい… 陰虚による正気の不足。
・体重増加… 陽亢の背後にある肝鬱による過食。
・やせ… 陰虚。
・冷え・頻尿… 陰虚陽亢による上実下虚。あるいは陰虚にともなう陽虚。
・抜け毛… 陰虚による血虚。

●ホルモン治療の是非

こういうメカニズムに対して、ホルモン治療はどういう影響を持つのでしょうか。

ホルモンは陰を補うことができますが、自前の陰ではなく、援助された陰です。援助を受けると、ついついそれに甘えてしまうのは避けられません。ただでさえ弱っている陰は、その機能を急速に低下させ、自力では回復できなくなります。

これ、何かに似ていませんか? そう、借金です。お金の援助です。ホルモン治療は陰の前借りと言えます。前借りすると、将来使えるはずのものが、その時になると無い、ということが起こります。借金は世の中に必要ですが、それに依存するとよくありません。陰は寿命と関わりの深い、重要な生命力です。認知症とも大きくかかわります。

●ここまでのまとめ

ホットフラッシュののぼせは、陰 (求心力) の弱り。陽が逆上し、顔が火照ったり、首が凝ったりする。
ホットフラッシュの発汗は、陰 (求心力) の弱りにより、陽が外に漏れた状態。陽浮・陰弱の条件を満たし、発汗する。発汗は陰・陽をともに損ない、脱力感を生じる。
ホルモン治療は陰の前借り。その時の症状は抑えるかもしれないが、60代・70代以降に使うはずの陰を使い切ってしまう。

治療

陰虚陽亢の治療を行う。

陰虚陽亢については、下記をご参考に。
「頭痛…東洋医学から見4つの原因と治療法」
「めまい…東洋医学から見たつの原因と治療法」

陰虚 (陰の弱り) が中心の場合は、腎兪・大巨・陰谷・照海などを用います。
陽亢 (陽の逆上) が中心の場合は、百会・後渓・内関・行間などを用います。

陰虚と陽亢は互いに関係しあっていて、人により比重は様々です。それを見極めてサジ加減をおこないます。
こうした治療により、内風を鎮静化しながら、陽亢を静め、陰を養い、生命を安寧に導きます。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました