悪化直前の脈

悪化直前を知ることが出来るだろうか。

例えばインフルエンザ。感染しても、しばらくは症状が出ない。発熱する直前まで元気なことが多く、急に発熱し動けくなる。
例えば食あたり。腐ったものを食べてもしばらくは症状が出ない。数時間後、急に気持ち悪くなり、動けなくなる。
例えばぎっくり腰。さっきまで元気だったのに、腰をかがめただけで痛めてしまい、動けなくなる。
例えば脳梗塞・心筋梗塞。これも前夜は元気に動いていた人が、急に動けなくなる。

動けなくなる数時間前にたまたま治療に来る患者さん。ままあることだ。とくにインフルエンザの流行する時期や年回りでは頻繁に見られることもある。これを見抜き、治療で回避することはできるだろうか。

症例を挙げる。48才。女性。体調管理のために来院。

望診

①患者さんの準備ができたので診察に入る。胞宫 (関元の深部) から百会にかけて、伏衝脈に流れがあるか診る。流れがないので、もう少しベッドで休んでいてもらう。≫比較のため、この時点で脈診すると左右とも浮脈だった。

②10分後、再度、伏衝脈の流れを診る。流れているので治療開始。≫準備ができているか否かが、体表にあらわれる全ての診察を支配する。ベッドに寝た瞬間に「準備OK」の場合もあるし、10分以上休ませないとOKにならない場合もある。体が「準備中」の場合、脈・穴処の反応・気色などが出揃わず、誤った反応を示す可能性がある。

③天突≫表証の有無。・膻中≫邪の有無。邪が表現されているか。・神闕≫心神不寧の有無。また虚実を診る。の反応を診る。表証なし。邪は表現されている。心神の問題なし。実ではない。

④白毫・印堂・山根・鼻柱・鼻准・人中を診る。白毫のみ浮かない。≫印堂から人中は浮かないことが多々あり、これは順。白毫が浮かないのは逆。悪化直前の可能性。

脈診

①指を軽く触れて浮位を診る。左のみ脈管の中心があり、左浮脈。
②そのまま按じないで中位を診る。中位に脈管の中心はない。
③そのまま按じないで沈位を診る。右のみ脈管の中心があり、右沈脈。≫「準備中」に見た脈は浮脈だった。もし、そのまま治療していれば悪化直前を見逃し、悪化を食い止められないところだった。
④そのまま按じないで、男脈・女脈を診る。左右とも男脈。
⑤左は浮位のまま、右は沈位まで按じて脈幅を診る。左右とも幅なし。
≫①から④の条件で逆と判断できる。左右どちらかが沈脈で、もう一方が浮脈。深浅を支配する少陽が極度に働いていない。しかも男女脈が性別と反対の男脈となっている。平脈なら女脈のはずで、この男脈は平脈になれない決定的要素となる。

腹診

①神闕に手を当てる。吸い込まれるような虚の反応。≫逆。悪化直前の可能性。
②鳩尾に手を当てる。邪が表現されていない。
③不容・大巨・章門・少腹すべてに、左右とも邪が表現されている。≫かなり特異な状態。

診断

悪化直前と診断。脈診が決め手とはなるが、白毫・神闕の反応もそれを後押しする。≫以前、左右ともに反関の脈で脈診が困難な患者さんに出会ったことがある。この経験から、脈を診なくても、他の診察で脈の状態を想定できるようにトレーニングしている。
患者には24時間は気の張ること (緊張したり興奮したりすること) を避けるよう指導。後回しにできることは、24時間経過以降にに回すよう促す。また食事面も若干の注意を与える。これらを守れないと悪化を食い止められないことがあり、守れれば悪化せずにやり過ごすことが出来る旨を伝える。

治療

神闕周囲に腹部打診術。真鍮製の鍼を用いる。水分・左肓兪・陰交・右肓兪の順に相曳の鍼。

効果

脈は左右とも中位の女脈となる。脈幅ができる。白毫が浮く。神闕の反応消失。腹部の邪はすべて消失。

結果

3日後来院。特に変わったことはなかった、とのこと。

説明

悪化直前と診断して、悪化した例はほとんどないが、若干はある。多くは発熱 (カゼ) だ。24時間注意すべきことを患者が無視すると、発症する場合がある。そういう時に、やはりこの診断は正しいという確認ができる。

たとえばこういうことがあった。3才くらいの幼児が保健のために来院、診ると悪化直前だ。「熱が出るかもしれないので、そうならないように治療しておきます。明日のこの時間まで気を張ることがないように注意してください。」と伝え治療して家に帰した。その夜、たまたま夫婦げんかをしてしまい、幼児はお父さんとお母さんの間を行ったり来たりしていたという。すると翌朝高熱を発した。インフルエンザだったらしい。

一度、恐ろしいことがあった。80過ぎのおじいちゃんで、連れ合いを亡くされ、四十九日の法要まで一人で切り盛りされ、体調を崩して来院。悪化直前と診断し、「悪化の直前です。大丈夫にしておきますが、念のために明日のこの時間まではゆっくりするように」と指導したが、「明日は病院で精密検査を受けることになっている。俺は男だから受けてくる。」とおっしゃり、後日に伸ばした方がよいという僕の指導を聞かなかった。それでも、悪化を食い止める神闕の処置を丹念に行い、何事もないことを願いつつ検査に送り出した。

その2日後、来院されると、体調が良くないのは当然のことながら、下腿をみて驚いた。膝から足先までの全部位が、真っ赤に内出血で染まっているのである。伺うと、「今朝、起きたらこうなっていた」とのこと。

もし、この内出血が下腿ではなく、脳で起こっていたら…。高齢を考えると、ない話ではない。もし、あの神闕の打鍼をしていなければ…。もし当院に来院せずに検査を受けに行っておられたら…。もし、悪化直前を見逃していたら…。寒気がした経験がある。

こういう診断を的確にするために、非常に重要なことがある。体が「準備中」なのか「準備OK」なのかを見極める診断力である。準備中に診察してしまうと、危うい状態を見逃してしまうからだ。また、この診断力があれば、体が示そうとする反応を、いつでも正しく読み取ることができる。これは治療効果にも直結する。日々、研鑽精進あるのみである。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました