アトピー性皮膚炎の重症例

30代。女性。

以前からアトピー性皮膚炎で、ひどくなるたびにステロイドを使う。そのたびにましになるが、年を経るごとに徐々に重症化。ステロイドを使うとリバウンドで余計にひどくなるため、今は使っていない。現在、下腿・膝・前腕・上腕・背部にかゆさとヒリヒリ感。とくに上肢と下肢がひどく、程度は上下肢とも同等。体の広範囲に炎症があり、かゆさは夜>昼。皮膚の炎症部位は、油紙のようなカサブタ状になっており、無数の細かい亀裂がある。亀裂には黄色い浸出液がにじんでいる。

その他の症状は、不眠。寒がり。神経質。過食。

望診…天突の反応から表証がある。印堂の反応から風寒と診断。神闕の反応から心神不寧がある。
舌診…紅舌。舌根部に黄白色の膩苔が少し。老>嫩。
脈診…幅あり。脈は浮いていない。
腹診…両章門に邪。浅部は寒邪。深部下方に熱。
背候診…右肝兪・右胆兪が実。左肺兪・左心兪が虚で心兪のほうが顕著。

診断…
舌診以外には熱証を示す所見がないが、これだけの赤さが体の広範囲にあるということは、熱は相当激しいことが言える。にもかかわらず、寒がりである。寒がりは重症化したアトピーではよく見られることで、表寒 (寒邪を主とする表証のこと) があるからである。本症例では表寒がストレスより生じた熱を抑え込み発症したと診立てた。

ただし、この表寒は、ただ単に寒さの影響を受けたものではない。心神・肝魂が不安定で、心の波風が営陰の潤いを損なうことによって、衛気が不安定となって感受したものである。よって、心肝を安定させれば自ずと表寒を退けることができると考えた。表寒をうまく退けることができたら、皮膚炎の直接原因である内の熱は勝手に皮膚から放散される。

初診の状態


治療…左神門と右肝兪に鍼。

初診から11日後


治療…右神門に鍼。右脾兪に銀製古代鍼。
経過…このころは、表寒はある時とない時があるが、ない時が増えてきた。裏を調整することで表を取る治療方針。10分のウォーキングを指導。

初診から18日後


治療…右内関と右胃兪に鍼。
経過…このころになると、表寒は見受けられるものの、ない時が増えてきた。ウォーキングを20分に増やす。

初診から38日後


治療…右内関に鍼。
経過…ここ2週間、表寒はまったく見受けられない。油紙のようなカサブタは消え去り、正常な皮膚の状態となった。黒ずみは色素沈着によるもの。

考察

表寒を見破る技術が必要である。いわゆる難病のなかには、本症例のように表寒が一枚噛んだものが少なくない。傷寒論にある「脈浮・頭項強痛・悪寒」は一応セオリーではあるが、典型的で誰にでもわかるレベルのものを説いたにすぎない。セオリーを踏まえたうえで、自由自在に診察力をつけていくべきである。

本症例は、治療期間中ステロイドその他の薬剤をまったく使用していない。また、治療は週に3~5回行った。この間、使用した穴処は…

神門 (補) ・心兪 (補) ・太衝 (補) …心神の治療
内関 (補中瀉) …陰維脈の治療

≫陰維脈については「冬至…営血分の熱」をご参考に。

肝兪 (補中瀉・瀉) ・胆兪 (瀉) ・百会 (補中瀉) …肝鬱化火の治療
三陰交 (瀉・補中瀉) ・外神門 (補中瀉) …営血分の熱の治療
脾兪 (瀉) ・胃兪 (瀉) …湿痰の治療
中脘 (補) ・三焦兪 (補) …正気の虚の治療

…で、一回の治療ではこれらの穴処から1~2穴をもちいた。最も使用頻度が高かったのは内関穴だった。

アトピー性皮膚炎の東洋医学的な基本病理は
「アトピー…東洋医学から見た4つの原因と治療法」をご参考に。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました