夏至…気候と体

梅雨が明けたかのような夏空が続き、昨日の最高気温は35℃に達しました。
6月27日に強い南風が吹きました。ここ飛鳥地方は古の都だけのことはあって、強風とは縁の薄い土地柄ですが、裏の畑のトマトが折れました。
その日の夜から、3夜連続の熱帯夜です。まるで土用入りしたかのような暑さです。
熱帯夜そのものが、夏の間に2~3度しかないこの地方で、です。

季節の進み方が順当ではありません。
それは4月・5月・6月とずっとです。
4月はタケノコが不作になるほど雨が少ない、と本ブログでも書きました。タケノコ梅雨といわれる雨があるのですが。

5月・6月の季節の進み方を、梅雨前線に注目して分析してみたいと思います。

そもそも梅雨前線とは、5月から7月にかけて見られる停滞前線のことです。
関東地方から北九州地方を中心として、日本列島を横にまたがり雨を降らせます。
まず、5月に日本列島の南の海上に現れ、沖縄地方から梅雨入りします。
その後、徐々に北上し、列島に雨をもたらし、7月末~8月初めごろには東北地方まで北上して、その後消失します。

ここ奈良県では、6月初旬から7月中旬までが、梅雨による雨の多い時期です。
6月20日ごろに、梅雨寒から蒸し暑い雨に変わることが多いです。
梅雨前線が奈良県よりも南にあれば大陸の冷たい空気が支配し、
前線が奈良県よりも北にあれば太平洋の温かい空気が支配するためです。
梅雨が明けるのは7月20日ごろで、雨が降らなくなるので、日差しで一気に真夏になります。

この順序が、今年ほどメチャクチャな年は初めてです。
気象庁の過去の天気図を見ながら、どうメチャクチャだったのか見てみます。

まず、5月から。
奄美が梅雨入りしたのが5月7日、沖縄が梅雨入りしたのが5月8日です。
ところが、5月2日・7日・13日・19日に、太平洋ベルトに重なる梅雨前線があります。これは本来ならば6月中下旬を連想させる天気図です (下図) 。
また、5月18日に秋田県で記録的大雨が観測されますが、梅雨前線は東北に北上していて、7月中旬を連想させる天気図です。
それ以外の日は南の海上に停滞する形です。
一過性に季節が異常に進みすぎたことが分かります。

6月です。
北上して本州にかかってこなければならない前線が、はるか南の海上に位置し、なかなか北上しません。梅雨前線は沖縄・奄美に停滞しています。これは5月を思わせる天気図です (下図) 。
ようやく、6月20日から24日まで、ぎりぎり本州南岸にかかるかという天気図となります。
しかし、これは6月初旬を思わせる天気図です。

6月26日にいったん前線がとぎれ、問題の27日です。
6月27日、冒頭に述べた強い南風が吹きます。
梅雨前線は東北に現れ、29日には一気に北海道にまで北上します (下図) 。
一般に、北海道には梅雨がないと言われるのですが。

ともかく、7月下旬の特徴をもつ天気図が、6月下旬に現れ、異常な暑さが続いています。台風が来る見込みで、今日から雨となりますが、これは8月に見られる台風と同じ進路です。

6月は25日までは季節が遅れました。
6月27日からは季節が進みすぎています。

順当に季節が進むということは、前に進む力が順当だということです。
われわれは、前に進み続けなければなりません。これは木々が毎年芽を伸ばし背を高くし、1年ごとに年輪を増やし太くなることと同じです。この成長をやめたとき、樹木も我々も屍となってしまいます。
季節も同じです。春から夏、夏から秋へと、前に進み続けます。東洋医学でいう推動作用です。
これが停滞するということは、生命エネルギー (正気) の不足です。
これが進みすぎるということは、誤った疏泄をしているわけですから、生命を邪魔するもの (邪気) を生みます。
季節・自然の木々・人間は、同じ大自然の一部としてつながっています。

このような考えから、季節の異変は人体への異変として反映すると考えます。
東洋医学の根幹を流れる考え方です。

ここからは私見です。
季節が遅れると正気が弱り、季節が進みすぎると邪気が幅を利かせます。
季節が遅れたり進んだりを極端に繰り返すと、虚実錯雑となりやすくなります。
気を付けながら患者さんを診ていこうと思います。

ここ最近で多い出方は、脈診で幅がないということです。
腹診は邪を表現している場合もあるし、表現できていない場合もあります。
疏泄太過を起こしている人がかなりあります。
百会。あるいは心神を意識して神門・後渓・心兪・申脈を使うことが多いです。
邪気を作らないようにする働きがあると思います。
そうでない場合は、滑肉門・天枢・大巨、あるいは合谷・太淵で正気を補う場合が多いです。
悪化直前の状態で、神闕で治療するケースが若干あります。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました