七草とインフルエンザ

なずなです。

花の咲く時期はもっと暖かくなってからですが

よく探すと、もう咲いていました。

茎が赤くなっているのは、霜にあたったからでしょうか。

本来の姿とは程遠い小ささです。

あわてん坊のナズナ? それとも

立春に間に合わせたかったんでしょうか?

「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に」

こんなわらべ歌、ご存知ですか?

民間に昔から伝わる歌ですから、

だれが作ったかも謎。意味もわかりません。

でも、東洋医学をやっていると、なるほど、と思える節があります。

唐土 (中国大陸) の鳥が渡ってこないうちに、ナズナなどの七草でつくったお粥を食べなさい、と直訳できます。

中国の鳥、と言えば思い浮かんでくるのは…

インフルエンザ。

中国のアヒルなどの家畜が、このウイルスの温床といわれています。

それにかからないように、七草粥を食べて予防しなさい、という意味にも取れます。

冬から春にかけて流行するインフルエンザ。

感染そのものは防げません。

でも、不顕性感染という状態があって、うまくいくと、感染しているけれども症状が出ないまま治癒してしまいます。

感染しないには、ウイルスを避けることも大切。

でも、体のコンディションを調えて、免疫を強化し、

不顕性感染で元気に乗り切るのもいい方法なんです。

では、どうやってコンディションを整えるか。

東洋医学は、冬こそ間食を控え、腹八分にするよう教えてくれています。

自然界を見てください。

冬に飽食する生物は何一つありません。

植物も葉を落とし、動物も食べ物のない季節をジッと過ごしています。

そして、鮮やかな生命力に満ちた芽ぶきの春を迎えることができるのです。

七草がゆのように、冬はいつもより「すこし貧しく」過ごすこと。

この気持ちが、体のコンディションを整えます。

免疫も統率され、強化されます。

冬は何事も控えめに…。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました