天人合一

天人合一

明日香の風景…大津皇子

二上山(にじょうざん)です。 昔は、ふたかみやまと読んだそうです。 右が雄岳、左が雌岳です。 頂上には大津皇子が葬られています。 古来より、二上山は飛鳥の西に位置する神聖な山として崇められてきました。 ...
2020.07.05
天人合一

明日香の風景…雑木林

雑木林です。 葉を落として、ふさふさした毛みたいに見えますね。 どんよりと曇った日は、いかにも枯れ木が殺伐として、よろしくありません。 こんな晴れた日は、青色とのコントラストがきれいですね。 里の雑木林は、多...
2020.07.05
天人合一

道の草花…胎動

二十四節気の雨水。 その雨をもらって、 冬の長い眠りから、命は目覚めます。 庭に植えてあるアケビの新芽です。 新緑は、もう胎動を始めています。 ところて゜。 この時期、体調を崩す人が多い。 ...
2020.07.05
天人合一

明日香の風景…呉原

今日は一日、雨です。 しとしと降り続いています。 写真の手前の葉の落ちた雑木林は 高松塚古墳の国立公園です。 その向こうに見える霧で霞んだ山間に 渡来人の集落がありました。 現在の明日香村栗原です。 そこから西...
2020.07.05
天人合一

道の草花…「完全」

ラッパ水仙の葉が出てきました。 雪がちらついていたころは無かったのに、 気がつくと、もうこんな背の高さに。 花蕾もいっしょに出てきているの、分かります? これから咲こうとする、大輪の水仙。 今はまだ、見...
2020.07.05
天人合一

暑中の涼

毎日暑いですね。 夏の土用。 最も暑い時期です。 ただし、いちばん暑いということは、 もう暑くはならない、これから涼しくなっていくということ。 「陽中の陰」…陰陽論の考え方ですが… 「暑中の涼」と...
2020.07.05
天人合一

立秋の嵐

昨日は立秋。 秋立つ日…です。 いいかえれば、夏の極み。暑さの極み。 暑さが最高潮に達すれば、後はそのうしおは引くのみ。 秋は「粛降」と言われます。 八月の暑さは、あくまでも地温。 これは地の陽気。 いっぽう、日照...
2020.07.05
天人合一

芍薬…ヤサシイココロ

「こんにちはー。」 「ハーイ。」 「勝手口からですみません、これ、お母さんに…。」 「わー、きれいな! こんなにたくさん…いつもありがとうございます!」 生前、花が大好きだった母に、季節ごとの綺麗な花を届けてくださる近所のおばち...
2020.07.05
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました