二十四節気2017

二十四節気2017

立春…運気論概論

今年は運気論を勉強したいと思っています。運気論とは、季節などの外部環境が人体に与える影響についての学問で、東洋医学では必須科目です。 二十四節気と運気論 立春から始まって、大寒に終わり、また立春にもどって始まる。二十四節気です。...
2020.07.05
二十四節気2017

雨水

二十四節気の続編、今回は「雨水」です。 今日からの15日間、すなわち 2月18日から3月4日を雨水といいます。 (2017年) 寒さは依然として厳しい。でも陽気の胎動を感じます。 例えば、このネギ。 霜がおりています。これが...
2020.07.05
二十四節気2017

啓蟄

二十四節気の続編、今回は啓蟄です。 今日3月5日から19日までを啓蟄といいます。 地中深く隠れていた虫たちが動き出す。 古代中国人はこの時期を陽が4、陰が2の状態と見ました。 かなり陽気が勝ってきています。これは体感的に...
2020.07.05
二十四節気2017

春分…花粉症の所感

二十四節気の続編、今回は春分です。 今年は、3月20日から4月3までが春分です。 この啓蟄の期間 (3月5日から19日まで) は、荒れに荒れた印象です。 ここ飛鳥地方では、3月6日から10日は季節はずれの寒風が吹き荒れ...
2020.07.05
二十四節気2017

清明

二十四節気の続編、今回は清明です。 今年は、4月4日から4月19日までが清明です。 清明からは五陽一陰、ますます陽気が強くなり、物候にも大きな変化が現れます。 そのもっとも象徴的なのが桜の開花でしょう。 桜だけでなく、次...
2020.07.05
二十四節気2017

穀雨

二十四節気の続編、今回は穀雨です。 今年は、4月20日から5月4日までが穀雨となります。 桜の花の見ごろは過ぎ、かわりに木々の新緑がいっせいに芽吹き始めました。 庭に植えてあるアケビも堰をきったように芽を伸ばし葉を並べます。]...
2020.07.05
二十四節気2017

立夏

二十四節気の続編、今回は立夏です。 今年は5月5日から5月20日までが立夏です。 立夏は六陽無陰、陰が姿を消し、陽の全盛となります。 陽とは動。陰とは静。 確かに、いまが植物の成長のピークです。 月の満ち欠けで言えば、...
2020.07.05
二十四節気2017

小満…気虚の本質

二十四節気の続編、今回は小満です。 今年は、5月21日から6月4日までが小満となります。 小満とは万物が成長して一定の大きさに達する、という意味ですが、それとうなづけるところがあります。院の玄関で肉桂 (ニッキ) の鉢を育て...
2020.07.05
二十四節気2017

芒種

二十四節気の続編、今回は芒種です。 今年は6月5日から6月21日までが芒種となります。 芒種とはイネ科の種子のことで、モミまきが行われる時期だったようです。 現代では、保温のためにシートで覆うため、モミまきは一か月ほど早く行われま...
2020.07.05
二十四節気2017

夏至

二十四節気の続編、今回は夏至です。今年は6月21日から7月6日までが夏至です。 今日は朝から雨。 6月7日に一度雨が降って、それ以来の雨です。 芒種期間中は、連日、乾燥注意報が出続けるこの時期らしからぬ気候が続きました。 ...
2020.07.05
二十四節気2017

小暑

二十四節気の続編、今回は小暑です。 今年は7月7日から22日までが小暑です。 小暑から大暑にかけては二陰四陽、陰の季節である冬の序章はもう始まっています。 雑木のみずみずしかった新緑は、硬くて丈夫な深緑の葉に変わりました。 ...
2020.07.05
二十四節気2017

大暑…暑気あたりの予防

二十四節気の続編、今回は大暑です。 今年は7月23日から8月6日までが大暑です。 1年を6つに分けた六気。その6つを半分に割った上半期は、大寒から始まって大暑で終わります。下半期は大暑から始まり大寒までです。今年の在泉は少陰...
2020.07.10
二十四節気2017

立秋

二十四節気の続編、今回は立秋です。今年は8月7日から22日までが立秋となります。 立秋・処暑は陰が三で陽も三、三陰三陽となります。陰が陽に拮抗するまで強くなってきました。 今まで柔らかくしなやかだった草木は堅く、成長も遅くなって...
2020.07.05
二十四節気2017

処暑…癌の偶感

二十四節気の続編、今回は処暑です。今年は8月23日から9月6日までが処暑となります。 稲穂が勢いよく伸びて、目に鮮やかな緑色の花を咲かせています。 この時期ともなると、朝晩が目に見えて涼しくなり、陰を養う夜が過ごしやすく...
2020.07.05
二十四節気2017

白露…補瀉の偶感

二十四節気の続編、今回は白露です。 今年は9月7日から22日までが白露です。 萩の花も咲き始め、朝晩は本当に過ごしやすくなりましたね。ここ飛鳥地方では、最低気温が20℃を下回る日が多くなり、朝から半そでは寒いくらいです。...
2020.07.05
二十四節気2017

秋分…診断の機微

明日香の彼岸花です。 さて、二十四節気の続編、今回は秋分です。 今年は9月23日から10月7日までが秋分となります。 五運では処暑以降、主運は金運が支配しています。 それに加えて、いよいよ六気でも主気がこの秋...
2020.07.05
二十四節気2017

寒露…陰を養う

二十四節気の続編、今回は寒露です。 今年は10月8日から22日までが寒露です。 過ごしやすい季節となりましたが、朝は寒いですね。 夜露はしげく、畑は水やりをしなくても済むようになりました! とても楽です。 少々日中で土...
2020.07.05
二十四節気2017

霜降

二十四節気の続編、今回は霜降です。 今年は10月23日から11月6日までが霜降です。 霜降と言っても、霜が降りるのはもう少し先です。20年ほど前に家庭菜園を始めたころは、11月になると初霜が降りた記憶がありますが、ここ数年は...
2020.07.05
二十四節気2017

立冬…体に良い食材

畑で取れたショウガです。サトイモの葉の蔭で育てました。 二十四節気の続編、今回は立冬です。 今年の立冬は11月7日から21日までです。 気候にたいする物候。 この頃の物候は…。ナンテンの実が赤く色づきました。 紅葉...
2020.07.05
二十四節気2017

小雪…疾風迅雷

かなりの霜ですね。11月に入ってから、ここ飛鳥地方では、薄霜はたびたび降りていたようです。里芋の葉っぱも霜に当たって徐々に茶色くなり、写真のような状態。そこに小雪初日の大霜です。 氷も張っていました。やはり小雪初日。こ...
2020.07.05
二十四節気2017

大雪…表証 (カゼ) への工夫

二十四節気の続編、今回は大雪です。 今年は12月7日~21日までが大雪です。 ここ飛鳥地方では、11月25日に風が強く吹き、翌26日に少し雨が降り、27日から腫れて温かくなり、27日は最高気温が19℃となりました。ところ...
2020.07.05
二十四節気2017

冬至…営血分の熱

二十四節気の続編、今回は冬至です。 今年は12月22日から1月4日までが冬至です。 大雪期間中は非常に寒かった印象です。12月はこんなに寒くありません。約一か月、季節が進みすぎている感じです。 ここ飛鳥地方での観察にす...
2020.07.05
二十四節気2017

小寒…瘀血を候う

あけましてめでとうございます。 二十四節気の続編、今回は小寒です。 今年は1月5日~19日までが小寒です。 冬至期間中の気温は平年並みといったところでしょうか。急に季節が進んだ大雪期間中と比べ、それほど寒くなったと...
2020.07.05
二十四節気2017

大寒

さて、二十四節気もいよいよ一巡、今回は大寒です。 今年は1月20日から2月3日までが大寒です。 白椿の花が咲き、ロウバイも咲き始めようとしています。 主運・主気ともに、すでに木気が盛んとなっていますので、注意していこうと思...
2020.07.05
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました