傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…太陽病・中風・傷寒〔1~3〕

※基礎弁証による証と、傷寒論というストーリーで表現される証とは、次元を異にします。前者が画像だとすると、後者は動画です。生きた証を学ぶことの重要さは、鍼灸家・漢方家の別を問いません。 弁太陽病脈証并治 上 1 太陽之為病、脈浮...
2020.09.20
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂枝湯〔12〕

12 太陽中風、陽浮而陰弱、陽浮者、熱自発、陰弱者、汗自出、嗇嗇悪寒、淅淅悪風、翕翕発熱、鼻鳴、乾嘔者、桂枝湯主之、 太陽中風というのは、太陽病で、しかも中風寄りだということです。1条と2条を前提にしますよ、ということです。 ...
2020.10.14
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂枝加葛根湯〔13・14〕

13 太陽病、頭痛、発熱、汗出、悪風者、桂枝湯主之、 ▶桂枝湯で効くボーダーを示す 本条では、風邪>寒邪で、寒邪の割合が大きくなったとき、それがどこまでなら桂枝湯でいけるのか、という基準を示しています。それが頭痛です。 ...
2020.10.04
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…気上衝とは〔15〕

15 太陽病、下之後、其気上衝者、可与桂枝湯、方用前法、若不上衝者、不可与之、 ▶気上衝とは 太陽病 (脈浮、頭項強痛、而悪寒) は下してはいけないのですが、下剤をかけてしまった。ここで気の上衝があれば桂枝湯を与えてもよい、と...
2020.09.17
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂枝湯の壊病とは〔16〕

16 太陽病、三日、已発汗、若吐、若下、若温針、仍不解者、此為壊病、桂枝不中与也、観其脈証、知犯何逆、随証治之、 ▶壊病とは…条文を読み解く 壊病についてです。壊病は誤治によって起こった病証のことであると、一般的に言います。本...
2020.10.17
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…解肌とは〔17〕

17 桂枝本為解肌、若其人脈浮緊、発熱、汗不出者、不可与也、常須識此、勿令誤也、 ▶桂枝湯が軸であることを暗示 まず、「不可与」という表現に注目します。後述しますが、「為逆」という強い口調が38条にあって、この前後の条文は非常...
2020.09.17
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂枝加附子湯〔21〕

21 太陽病、発汗、遂漏不止、其人悪風、小便難、四肢微急、難以屈伸者、桂枝加附子湯主之、 ▶微似汗 (ジワッとした汗) とは 汗法での微似汗というのは、衛気が外まで到達したサインです。風邪であれ寒邪であれ、表に邪があれば、衛気...
2020.09.30
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂枝去芍薬湯〔22〕

22 太陽病、下之後、脈促、胸満者、桂枝去芍薬湯主之、若微悪寒者、去芍薬加附子湯主之、 ▶成書とは異なる私見 桂枝去芍薬湯証と桂枝去芍薬加附子湯についてです。ここでいう太陽病とは16条で説明したように、桂枝湯証のことです。これ...
2020.09.16
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂麻各半湯〔23〕

23 太陽病、得之八九日、如瘧状、発熱、悪寒、熱多、寒少、其人不嘔、清便自可、 ▶経過が長いうえに複雑 太陽病 (脈浮・頭項強痛・悪寒) になってから8~9日たっている。期間が長すぎます。そして、まるで瘧のように往来寒熱がある...
2020.09.25
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂枝二麻黄一湯〔24・25〕

24 太陽病、初服桂枝湯、反煩不解者、先刺風池風府 、却与桂枝湯則愈、 25 服桂枝湯、大汗出、脈洪大者、与桂枝湯、如前法、若形如瘧、日再発者、汗出必解、宜桂枝二麻黄一湯、 ▶結論から ▶文の構成 ①②と③ 24条...
2020.10.17
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…白虎加人参湯〔26〕

26 服桂枝湯、大汗出後、大煩渇不解、脈洪大者、白虎加人参湯主之、 ▶風邪の勢いが強すぎた可能性 24 太陽病、初服桂枝湯、反煩不解者、先刺風池風府 、却与桂枝湯則愈、 25 服桂枝湯、大汗出、脈洪大者、与桂枝湯、如前法、 この2つの条文を...
2020.09.14
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂枝二越婢一湯〔27〕

27 太陽病、発熱、悪寒、熱多、寒少、脈微弱者、此無陽也、不可発汗、宜桂枝二越婢一湯、 ▶はじめに 見ての通り、症状としては往来寒熱と脈微弱しかありません。これで太陽病というのですから、少陽病との見分けがつきません。少陽病には...
2020.09.25
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…桂枝去桂加茯苓白朮湯〔28〕

28 服桂枝湯、或下之、仍頭項強痛、翕翕発熱、無汗、心下満微痛、小便不利者、桂枝去桂加茯苓白朮湯主之、 悪寒があるのに桂枝がない 注目すべきは、「仍」という詞です。ここまでの条文のような、「後」…〇〇の後にこうなった、とか「反...
2020.09.15
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…甘草乾姜湯・芍薬甘草湯・調胃承気湯・四逆湯〔29〕

29 傷寒、脈浮、自汗出、小便数、心煩、微悪寒、脚攣急、反与桂枝湯、欲攻其表、此誤也、得之、便厥、咽中乾、煩躁吐逆者、作甘草乾姜湯与之、以復其陽、若厥愈足温者、更作芍薬甘草湯与之、其脚即伸、若胃気不和、譫語者、少与調胃承気湯、若重発汗、復...
2020.09.22
傷寒論私見 〔1~〕

傷寒論私見…葛根湯その1〔31〕

31 太陽病、項背強、几几、無汗、悪風者、葛根湯主之、 ▶太陽病、 太陽病ということは、1条の「太陽之為病、脈浮、頭項強痛、而悪寒、」が前提としてあります。その上に本条文が加わります。 ▶項背強、几几、 頭項強痛に...
2020.09.22
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました