東洋医学の五行「木火土金水」って何だろう

肝は木、心は火、脾は土、肺は金、腎は水 …にそれぞれ配当されます。

東方青色.入通於肝.開竅於目.藏精於肝.其病發驚駭.其味酸.其類草木.…
南方赤色.入通於心.開竅於耳.藏精於心.故病在五藏.其味苦.其類火.…
中央黄色.入通於脾.開竅於口.藏精於脾.故病在舌本.其味甘.其類土.…
西方白色.入通於肺.開竅於鼻.藏精於肺.故病在背.其味辛.其類金.…
北方黒色.入通於腎.開竅於二陰.藏精於腎.故病在谿.其味鹹.其類水.…

素問・金匱眞言論04

五行と言えば、相生・相克ですね。これはいろんな方が詳しく説明しておられるので、それをご参考にされるといいと思います。

ここではもっと基本的なことに立ち戻ります。木火土金水それぞれが持つ性質です。これを、臨床に沿う形で展開していきたいと思います。参考にしたい文献は「書経」です。

一、五行。

一曰水、二曰火、三曰木、四曰金、五曰土。
水曰潤下、火曰炎上、木曰曲直、金曰從革、土爰稼穡。
潤下作鹹、炎上作苦、曲直作酸、從革作辛、稼穡作甘。

此下九疇之目也。水・火・木・金・土者、五行之生序也。
天一生水、地二生火、天三生木、地四生金、天五生土。
唐孔氏曰、萬物成形、以微著爲漸。五行先後、亦以微著爲次。
五行之體、水最微爲一、火漸著爲二、木形實爲三、金體固爲四、土質大爲五。

潤下・炎上・曲直・從革、以性言也。稼穡、以德言也。
潤下者、潤而又下也。炎上者、炎而又上也。曲直者、曲而又直也。從革者、從而又革也。
稼穡者、稼而又穡也。稼穡獨以德言者、土兼五行、無正位。無成性、而其生之德、莫盛於稼穡。故以稼穡言也。稼穡不可以爲性也。故不曰曰而曰爰。爰、於也。於是稼穡而已。非所以名也。

作、爲也。鹹・苦・酸・辛・甘者、五行之味也。五行有聲色氣味、而獨言味者、以其切於民用也。

書經・蔡沉集傳

五行を勉強していると、木・火・土・水は、まあ理解できるのですが、「金」が理解しにくいと感じます。金は金属だけてなく、天をも意味します。その説明が「混じりけがなく純粋」「高貴」であるからだとも言われますが、ぼくはイメージがしにくいと思います。なぜ金のように硬くて重いものが天空を意味するのか。

そこでまず、他の木・火・土・水とも比較しながら、金とは何かを考えています。

初心者の方のために簡単に説明します。木火土金水は、この世をつくる五大要素です。命をつくる五大要素でもあります。

  • 木…上に成長する力。
  • 火…熱さ・温かさ。拡大。
  • 土…土・地球・土台。
  • 金…これが分かりづらいので、これから説明します。
  • 水…生命の誕生。

肝は木、心は火、脾は土、腎は水です。詳しく知りたい方は、以下をご参考に。

理解を深めたうえで、五行とは何かをまとめたいと思います。

金とは何か

書経にみる金

書経を見ていきます。金その他をどのように説明しているでしょうか。重要な個所を抜き出して、アウトラインをイメージしてみます。

水曰潤下、火曰炎上、木曰曲直、金曰從革、土爰稼穡。<書經>

水と火は、潤下と炎上、これは陰陽です。
木は、曲と直、これも陰陽です。
金は、從と革、これも陰陽です。以下に展開します
土は、稼と穡、これも陰陽です。稼は種まきのこと、穡は収穫のことです。

潤下・炎上・曲直・從革、以性言也。稼穡、以德言也。<書經>

水・火・木・金は、ここでは性質のことを言います
土だけは徳とあり、別物です。追って説明します。

金は「従革」

さて、上記の書経の文を読むうえで、まったく意味が分からないのが「従革」です。金ですね。まず、字源から調べてみます。

従の字源

從とは。
「从」は人に人がついていくという意味だそうです。「止」は足、「彳」は行、ついていく意味を補足します。

ついていく時は縦列になるので、縦という意味にもなります。

蓺麻如之何 衡從其畝 <『詩経』斉風・南山>
麻を蓺 (う) えるにはどうしたらいいか。その畝を衡 (横) と從 (縦) にする。

よって従は縦に通じます。
縦は「ほしいまま」と訓読します。放縦という言葉がありますね。勝手気ままな様子です。従は放縦であると「礼記」・「礼記正義」に記載があります。

敖不可長.欲不可從.志不可滿.樂不可極。<禮記・曲禮上>
傲.五報反.慢也。…従.足用反.放縦也。<禮記正義>

よって、「従」からイメージできるのは、「自由に行き来できる空間」です。

革の字源

革とは動物の皮をはぎ取って、それを革としてピンと張り伸ばしたときの姿で、象形文字だそうです。
上の「廿」は頭部、下の「十」は尾と足のことです。

衣服なども、着古したものはダラッとしていますが、洗って干すとピンとなりますね。これが改革などの「あらたまる」という意味に通じます。鮮鋭で、ピンと張り詰めた硬さがあるのです。

よって、「革」からイメージできるのは、「ピンとした硬さをもつ物体」です。

宇宙はビーチボール

こんな話があります。宇宙がどんな形をしているか。これを数学的に解こうというのです。位相幾何学では、宇宙がビーチボールのような球形なのか、それとも浮き輪のようなドーナツ形なのか、という議論があるそうです。

どちらにしても共通するのは、中に空気が入っていて、外はビニールで覆われ、中の空間は自由に行き来できるが、外のビニールはピンと張り詰めて硬い…ということです。

これは、この世界の物質的な様相を象徴的に示しています。自由に行き来できる空間と、形のある硬い物質。これによって宇宙は成り立っています。

五行の金とは

我々が地上に立った時、自由に行き来できる空間すなわち「従」が存在しますね。下には硬い大地がある。上には宇宙の果てまで続く大空…その果てにはビニールのような硬い「革」が存在するのです。しかしこれは目に見えないし触れることもできません。

我々が触れることのできる「革」とは…。石・土・鉱物・動物・植物などすべての物質です。これら物質は、相対的に非物質ともいえる空 (くう) すなわち「従」があるから存在しえます。もし革ばかりなら身動きの取れないギューギュー詰めの世界となり、革は認識できません。

従と革は陰陽なのです。従があるから革がある。

金とは、空間 (陽) と物質 (陰) のことです。

東洋医学では金は肺に配当されます。肺金は分かりづらいですが、このように考えると少し理解しやすくなります。

肺は従革

肺は上焦にあって地球で言えば大気に相当します。
大気、すなわち天空は上にあって、青く涼やかに澄んでいますね。肺もそうあれば健全なのです。
地球規模で見ると、大気は地球表面を覆っていて、いろんな有害物質が入らないように守ってくれています。皮膚も同じですね。肺は皮膚を支配します。

肺主身之皮毛.<素問・痿論 44>

その大気とは、金すなわち従革の「従」に相当します。大地に立って六方を眺めると、上は天空でその最果てには宇宙の終点である「革」があり、下は大地で脾臓があります。そして大地のまだずっと下にも「革」があるのです。とすると、立っている場所は上下を分ける境界である「膈」 (横隔膜をイメージ) となります。膈は大地 (脾臓) の上限ということになりますね。膈兪が脾兪胃兪の上限で、湿痰を取るツボであるということと一致します。

皮膚は、宇宙のビニールすなわち「革」に相当します。人体は、皮膚という「革」と、肺という空間すなわち「従」をもった物体であり、これを単純化するとビーチボールのような物体となるのです。

細胞も、細胞膜 (革) で囲まれ、細胞内液 (従) で満たされています。細胞は小宇宙なのです。

このように単純化すると、臓器・血管・筋肉・骨までも、すべて金 (革) に属することになります。肺気の及ばないところはないのです。そして、これは地上の物体がすべて「革」に属することを示唆します。

肺と金 (従革) の関係
  • 天空 = 従の自由な宇宙空間。
  • 粛降 = 革の重さ。
  • 宣発 = 従の軽さ。
  • 通調 = 従 (空気 or 体液) によって革 (ビニール) が張りつめる、その形態の調和。
  • 魄  = 意識できる肉体的・物質的感覚、つまり革。

肺の「治節」とは

肺者.相傅之官.治節出焉.<素問・靈蘭祕典論 08>

治節とは。

治とは、国家などを統治することです。
節とは、規則や制度のことです。

つまり、きちんとした規制という枠組みの中で、組織を堅くまとめることです。かなりお役所的ですね。かたくるしい感じです。これが金という性質…肺です。先ほど言うように、臓器・血管・筋肉・骨までも、すべて肺金に属するのです。人体組織を一つにまとめ上げる力 (通調) です。

寸口者.脉之大會.手太陰之脉動也.…五藏六府之所終始.故法取於寸口也.<難經・一難>

脈診は手首の橈骨動脈で診ますね。難経では、太陰肺経の脈を「五臓六腑の終始するところ」と位置付けていますが、「金」を深く考察すると納得できるものがあります。

社会という組織には規則があります。規則というかたくるしさ (革) があるからこそ、本当の自由 (従) というものがあります。自由だけを求めるなら、無人島で一人で暮らすしかありません。この社会をストレス社会と見るのか、それとも自由が認められた社会と見るのか、こういう知識があるかないかは大きいです。ストレスを溜めやすいか溜めにくいかは、社会をどう価値づけるかで左右されます。東洋医学を学ぶということは、生き方を学ぶことにもつながります。

宇宙の誕生と完成

類経図翼
類経図翼

水火木金は「性」

物体と空間。これが金の特徴です。他の水火木土と比較してみましょう。

天一生水、地二生火、天三生木、地四生金、天五生土。
…萬物成形、…五行之體、水最微爲一、火漸著爲二、木形實爲三、金體固爲四、土質大爲五。
<書經>

この「書経」の文は、宇宙の誕生から完成までを示したものです。これは同時に生命の誕生から完成をも意味します。

まず、水・火が生まれます。水は冷たく火は熱い。2つ合わせて温かさです。

次に木 (曲直) が生まれます。これは動きです。腕も曲げ伸ばしで動きますね。動き、そして成長し、形体を作っていきます。

曲がなければ直は存在しません。曲は直のために存在するのです。
これは従がなければ革は存在せず、革のために従が存在するのと同義です。
稼穡もそうです。収穫 (穡) のために種まき (稼) が存在するのです。
水 (静) も、火 (動) を生むための水です。

次に金 (従革) が生まれます。物体です。「体固」と表現されていますね。空間を土台とした物体の完成です。

それらすべてを抱擁するものが土です。たとえば地球は大きな土の塊ですが、温かさ・動き・物体、それら「性質」を、すべてをそこに包含しています。だから「質大」といい、「土爰稼穡」、爰 (ここ) に稼穡あり、というのです。

水曰潤下、火曰炎上、木曰曲直、金曰從革、土爰稼穡。<書經>

その他はすべて「曰」です。性質のみなので実在はしません。土がそれを包含することで、性質 (機能) と物質が顕現するのです。ここで宇宙が完成します。

土は「徳」

潤下・炎上・曲直・從革、以性言也。稼穡、以德言也。<書經>

徳の字源を調べると、「德」の右側「𢛳」は「悳」のことだそうです。直き心ですね。そこに「彳」つまり行いが伴います。

われわれが持つべき心、為すべき行い。つまり進むべき方向のことです。それが稼穡であるという。我々が行うべき「稼穡」とは。

稼とは種まき、穡とは収穫です。のぎへんなので稲をイメージしましょう。

生長収蔵…宇宙の営み

宇宙が完成するまでは水→火→木→金→土 の順でしたが、完成ののちは木→火 (→土) →金→水の順になります。潤下・炎上・曲直・従革・稼穡 という基本を、もう一度思い出しながら分析します。

木火土金水と生長収蔵
  • 木 (春・東・朝) … 種から「 (曲) 」としての真っすぐな芽が出る。…
  • 火 (夏・南・昼) … 「 (炎) 」に伸びる。…
  • 土 (中央) … 「」から「」まですべてを支配する。栄養分を補充する。木も火も金も水も、すべて土に支えられている。
  • 金 (秋・西・夕) … もっとも位置が高いところで出穂し、種が大きくなり、金色の稲穂となって、下に垂れ下がる。「 (従) 」としての物質 (米) ができる。…
  • 水 (冬・北・夜) … 最も「 (潤) 」にあり、種のような静かな状態。…

春生.夏長.秋收.冬藏.是氣之常也.人亦應之.以一日分爲四時.
朝則爲春.日中爲夏.日入爲秋.夜半爲冬.
<霊枢・順氣一日分爲四時 44>

これは、宇宙が完成したのちの、宇宙の営みを示しています。星は今も宇宙のどこかで生まれ、そして消えていくのです。

この営みは、生長収蔵と言われます。稼穡そのものですね。稼穡は土にそなわるのですから、生も長も収も蔵も、すべて土が関わってこれらをサポートします。「木火金水」で土が中央に位置するのは、こういう意味があります。

つまり、木火土金水とは生長収蔵です。生長収蔵とは、生まれては消える命の営みです。宇宙の完成を意味する稼穡とは、宇宙の営みでもあり、命の営みのことでもあるのです。それは同時に徳 (持つべき心・為すべき行い) なのです。

人は死んだらそこで終わり…ではありません。死んでなお止まぬ営みがある。前進がある。それが生きるということです。

まとめ

水曰潤下、火曰炎上、木曰曲直、金曰從革、土爰稼穡。<書經>
水最微爲一、火漸著爲二、木形實爲三、金體固爲四、土質大爲五。<書經>

宇宙は最初、丸く小さな滴り落ちるもの (水・潤下) から始まりました。その静けさから陽動 (火・炎上) が生まれます。静止からの第一歩です。地球をイメージすると、「上」は天すなわち大気圏で、拡散を意味します。それは「上」に、まっ直ぐに拡散し成長し (木・曲直) 、未熟ながら形態が生じます。フニャフニャのビーチボールのようなその形態は、空気 (宇宙空間) によって堅く張り詰め、物質としての形体 (金・従革) が生じます。

宇宙の誕生をイメージしてもいいし、細胞をイメージしても同じことです。潤下の「下」とは求心力のことです。

潤下・炎上・曲直・從革、以性言也。稼穡、以德言也。<書經>

それら水・火・木・金のそれぞれが持つ「性」を、土という包容力が受け止めます。宇宙という生命の誕生です。宇宙というビーチボールに地球 (土) が生まれた。細胞というビーチボールに核が生まれた。

その生命は、朝に芽吹き、昼に葉を広げ、夕に結実し、夜に落果し、種は静かにやがて来る朝を待ちます。その営みを永遠に続けるのです。その営みは「徳」すなわち、われわれが歩むべき道であり、生長収蔵という真実です。

清陽上天.濁陰歸地.是故天地之動靜.神明爲之綱紀.故能以生長收藏.終而復始.
<素問・陰陽應象大論 05>

【訳】陽は上に昇り、やがて陰に転化して下に降る。天地万有にこの動静があり、成長してやまざる天地自然の法則である。生長収蔵がこれをよく体現している。終わっては始まるのだ。

生長収蔵。これはいずれ死に至る物質的制約の中、不断に成長し続ける姿です。この道の中に東洋医学は、人の命の営みを見出したのです。

その営みに、肝 (木) ・心 (火) ・脾 (土) ・肺 (金) ・腎 (水) という名が付されました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました