病気って何だろう

病気って何のためにあるんでしょうか。
健康と病気は、陰陽関係にあります。
陰陽とは、東洋医学の土台をなすものです。
土台を解剖学とする医学とは好対照です。

陰陽とは、一枚の紙の裏と表です。
どちらが欠けても、一枚の紙にはならない。
ただし、健康は表であるべきで、裏であってはなりません。

病気によって健康が作られる?
警察によって秩序が保たれるのと同じです。
警察は怖いし、ここにいてほしくない。でも、いなくなるともっと怖いことが起こる。
道の真ん中を歩けば、溝に足を引っかけることもなく、崖から落ちることもありません。
溝に足を引っかけることで、我々は道の真ん中とはどこかをつかみ取っていくのです。

「病気さえなくなればいい。痛みさえなくなればいい。」
この考え方は、片手落ちです。

たとえば、徹夜マージャンが連夜に及んだとする。それで頭痛が起こった。
痛みを取りたい。だから診てもらう。
治療家は、痛みを取った。
だから今夜もマージャンをする。

連夜の徹夜マージャンは悪いことです。
そんなこと誰が決めた?

殺人は悪いことです。
しかし、それを科学的に証明することはできない。
生物学 (自然科学) は、共食いを是とします。
医学は生物学にのみ依拠してはならない。

徹夜マージャンで頭痛がおこったならば、それを診る治療家は、
「何とかして痛みを止めたい!」
「何とかして今夜のマージャンを止めさせたい!」
この2つの気持ちを同じくらい強く持つべきです。

子供の願いをすべて叶えるのがいい親と言えるでしょうか。
わがままな子にしてはならない。それはかえってその子を不幸にするからです。
いい親は、願いを叶えつつも、歩むべき道を教えようとします。

人を育てる。

患者さんの顔すら見ずに、治療した気になってはならない。
「交通事故などの外傷は別として」
医療とは体だけを診るものではありません。
人を診るものです。

心と体、これは陰陽であります。物質的にのみ、人を診てはならない。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました