鍼灸の向く病気って?

鍼灸の適している病気

東洋医学は「機能」=気を基礎にした医学です。西洋医学が「物質」を基礎にした医学であるのとは対照的です。機能を調整する必要のある病気は、すべて鍼灸が最もよく効きます。端的に言えば、手術で取り去ることのできない病気は、すべて物質面ではなく機能面に問題があるので、鍼灸の適応症です。

例えば…

●虚弱体質、疲労感、慢性疲労症候群、体力低下、頻尿
●アレルギー疾患、アトピー性皮膚炎、喘息、ちくのう
●膠原病、リウマチ、潰瘍性大腸炎
●うつ、パニック障害、過食症、拒食症
●めまい、耳鳴り、心身症、神経症、自律神経失調症、
●痛み、凝り、線維筋痛症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、膝痛、頭痛、腰痛、神経麻痺
●婦人科疾患、冷え症、PMS、月経不順、不妊症、つわり
●慢性腎炎、慢性肝炎、がん、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、狭心症、過敏性腸症候群
●感冒、各種炎症
●小児疾患、脳性麻痺、発達障害、かんむし
●老化にともなう種々の症状

などです。

鍼灸は適さない病気

たとえば、戦場で弾丸を体に打ち込まれたとします。こんな時に「機能」の医学である鍼灸は何の役にも立ちません。「物質」を基礎とした医学である西洋医学にお任せし、手術で弾丸を取り除かなければなりません。

例えば…

●病巣が物質的に除去可能で、手術が安全確実である病気
●緊急性が高い病気(輸血、酸素吸入、急性腎不全、急性心筋梗塞など)

などです。

眞鍼堂のルーツ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました